コーヒーの点滴法やってみてわかった意外な事実

藤岡弘さんをリスペクトして、点滴法でコーヒーを淹れてみます。彼のゆるぎないコーヒースピリッツを感じたいというスピリチュアルモードと、コーヒーの濃度を検証したいという真面目モードと両方ありますが、どっちに転んでもそれはそれで。

点滴法とは

コーヒーをハンドドリップで淹れる際、点滴のように一滴一滴ポタポタとお湯を落とす淹れ方です。藤岡弘さんなど、愛好者もおり、なかなかマニアックな方法ですね。一滴ずつ落とすと、何が違うのか?というと、濃度が変わると考えられます。一滴ずつコーヒー粉の層を通過するので、濃い濃度で抽出されると思われます。

実はそんなに時間はかからない

一滴一滴淹れるって「何時間かかるねん?」って、やりたくない淹れ方ナンバーワンだったんですが、思いついたらやるしかないのでやってみましょう。最初30秒蒸らします。そして、ちょっとだけ傾けて、ピチョピチョと地味にお湯を落としていきます。

できました。実際やってみると、1杯(150ml)淹れるのにかかった時間は10分でした。では、飲んでみます。

酸味が強い

10分かけて淹れるわけですから、温度はガンガン下がっていきます。温度が低いせいもあるんでしょうが、酸味が強い。「濃い」というと「苦い」と混同しがちだけど、苦味はない。酸味の濃度が高いかも。酸っぱい味が濃いから渋いに近いかな。豆は自家焙煎の「パプアニューギニア」の中煎りを使いました。いつもより酸味が強い。

まとめ

10分で淹れれるなら、1回やってみては

今回はいい味が出せませんでしたが、豆や焙煎度によっては、よくなる可能性もあるかもね。なんせ点滴法を強烈に好んでやってる人がいるからね、あの情熱は何かあるでしょう。

今日も寄っていただきありがとうございます。

もう一杯おかわりいかがですか

藤岡弘さんのコーヒーの淹れ方が神すぎる件

2017年5月13日

イワキ水出しコーヒー【ウォータードリップサーバー】おすすめの理由がこちら

2018年8月19日

iwaki水出しコーヒーでとんでもない香りになった件

2018年9月1日

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。