仕事について考える「シリーズ仕事とは」

卒業した高校から呼ばれて、今の仕事を説明する特別授業というのがあるらしく、社内の若い子はこれに呼ばれて行く人が多い。「えーオレそんなんぜってームリや~」と思ったが、呼ばれることもない。もし自分だったらなんて言うんだろうと考えたことがあった。

「仕事」には3つの喜びがある

「お金がもらえる喜び」これがなかったら成り立たない
・出来なかったことが出来るようになる「成長する喜び」
・褒められるとか、喜ばれるとか「役に立つ喜び」

まず、いま働いている人のほとんどが、お金がもらえなくなったとしたら、違う会社やほかの仕事をするだろう。
次に、もらえるお金が少なくても、技術を身につけたいと修業するような仕事もある。アシスタントみたいな仕事はそうだろう。
最後にその仕事で誰かの役に立つだとか、ありがとうと言ってもらえたら、うれしいよね。ボランティアとかはそうかな。

収入と成長と貢献

「三方よし」って知っていますか? 江戸時代の近江商人は「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」と言って、売り手と買い手がともに満足し、社会に貢献できるのがよい商売であるという心得をもっていました。収入と成長と貢献が全部あると嬉しくて長く続く、一つ無くてもやれるでしょうが、二つ無くなると、かなりつらい。「お金がもらえる」「成長する」「役に立つ」それぞれがバランスよく回っていると、いい仕事になるでしょう。

と、こんな話をするだろうと数年前に考えたが、いま仕事をしていない友人が「仕事につながるなにかをはじめたい」と言ったのを聞いて、なんだかザワザワした。仕事や会社について自分のなかでモヤモヤしていたものもあるし、もう一度「仕事とはなんだろう」と考えてみようと思った。

大学のとき、就職活動から早々に逃げ出したようなヤツの考えだけでは申し訳ないので、わかりやすくて参考になる本も紹介します。「就職活動中に読んでいれば、、、、」と悔やまれる本ばかりなので、就職活動中の人とかに少しは役に立つかと。また「えっ会社ってそうなん?」「これが資本主義っか」っていう、いま働いていて、がく然とした本もあり、収穫が高かった本を厳選して。

ということで仕事について考える “シリーズ「仕事とは」” をこっそり更新します。

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーとはなんの関係もない話ですが、ひとつよしなに。

もう1記事いかがですか

仕事はお金じゃない。役割だったはず

2017年8月4日

ワークライフバランスとは? 地方からゆるく考えてみた

2017年7月26日

『 40歳から「差がつく」生き方』まとめ感想

2017年7月19日

『ワークシフト』まとめ感想

2017年6月28日
仕事に関する記事「仕事とは」

every coffee 読者限定クーポン


フィンランドのコーヒーサービス「SLURP」さんから割引コードを発行してもらいました〜。定期購入の初回お届けが1000円割引12月14日まで

slurpxeverycoffee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。