フルーツのようなパーチメントコーヒー?

「マスカットや青リンゴの甘い酸味で新鮮なフルーツのようなコーヒーです。」出た!そんなコーヒーねえわ。と、つい最近まで私も思っていましたが、世界チャンピオンのゲイシャを飲んでから悔い改めまして、で、今回のこのコーヒーは何かというと「パーチメントコーヒー」です。

パーチメントコーヒーとは

コーヒーの実と種の間に殻(カラ)というか皮というか、覆っているものが「パーチメント」日本語で内果皮と言いますが、皮にしては硬くて殻にしては薄いので、例えづらいのですがピスタチオをイメージしてもらえばいいかな。収穫したコーヒーの実から種(豆)を取り出す精選方法がいろいろありまして、そのなかでパーチメントを残したまま乾燥して、出荷された豆になります。

パーチメントコーヒーの特徴

コーヒー豆の問題は生豆を、ブラジルとか遠いところから船便で運んでくるので、運送環境や時間の経過で水分が抜けたりして、豆の状態が変化しちゃうこと。で、パーチメントがついた状態だと、保存性に優れていて、グリーンの状態を保ってくれるんだそうです。

グリーンが濃いほどフレッシュ

開けると、たしかにグリーングリーンで、こんな状態の豆は初めてです。そして、このグリーンが濃いほど、フレッシュな味わいなんだそうです。

いろんな豆を焼いてますが、新しい豆のほうが甘味があるように感じています。なので毎月のおすそわけ販売している自家焙煎コーヒーは基本的にニュークロップ(新豆)をお届けしています。いつも変わらぬコーヒーの味を作るのはプロにおまかせして、私たちは旬を味わいながら、一期一会のおいしいコーヒーに出合う旅をしているわけです。

というわけで、今月の焙煎コーヒーは「パーチメントコーヒー」なんですが、問題はこれをどうやってむくかなんすよね。

今日も寄っていただきありがとうございます。これがそう簡単にむけないんだな。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。