DENKI GROOVE「虹」センチメンタルとは

Youtubeで電気グルーヴのNHK特番「20周年ライブ&アンソロジー」を見ていたら、石野卓球がセンチメンタルな曲についてインタビューを受けていた。
そこで、なんとなく思ったのは、そういえばオレは電気グルーヴのセンチメンタルな曲だけに限らず、音楽全般でセンチメンタルな曲が好きだということ。
そこで、自分のなかでセンチメンタルな曲とは、、、と定義してみたら、
少し寂しくて、はかない美しさがあること。
てなカンジかな。
で、この電気グルーヴの「虹」のライブバージョンはかなりのセンチメンタル入りますな。
ボコーダがかかってるのが、自分が年をとって少し照れくさく感じる歌詞と卓球の声を緩和してくれててイイんすよ。このアレンジがいちばん好きかな。
で、他にもセンチメンタルな曲をリストアップしていくとテクノが多くなるな。あと、日本人が多くなる。スカ、ソウル、レゲエは生きる強さとか喜びとか、もしくはがっつり悲しいってのが多い気がするな。オレがセンチメンタルを感じるには、日本人の情緒だったり、さまざまな繊細で微妙な感情に入ってこないとダメなんだろうね。
そう考えると10代後半の多感な時期にテクノにはまった訳もよくわかる。
オレの音楽ライフにセンチメンタルというキーワードはちょっと深い気がするから、
1回の記事じゃとても収まりそうにないんで、カテゴリ化してセンチな気分のときアップしていこう。ipodにもプレイリストに「センチメンタル」を作ってしまった。
電気グルーヴ NIJI

DRAGON

>電気グルーヴ「DORAGON」
日本のメジャーシーンでテクノの頂点を極めた最高傑作。このアルバムには電気グルーヴ特有の笑いの要素が入ってないことからも、この頃のテクノに対するストイックさが感じられる。ガムランをサンプリングした曲や海外でも高い評価を得た「虹」収録。

every coffee 読者限定クーポン


フィンランドのコーヒーサービス「SLURP」さんから割引コードを発行してもらいました〜。定期購入の初回お届けが1000円割引12月14日まで

slurpxeverycoffee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。