Oi Skall Mates / Scooter Boy Scooter Girl

The Kids Are AlrightというモッズのイベントでDJをさせてもらっています。
年に1回なんですが、スタートした4、5年前からさせてもらってます。
残念なことに僕の青春にいっさいモッズはなかったんですが、
スカという共通項目があるらしくて、声をかけていただいたようです。
しかし、モッズが全くわかってないので、未だに選曲もふんわりと
アウェーな気分でなんとなしやっていたのですが、
どうやら大分にはモッズの方はいないようで、こんな僕でもまかり通っています。
そして、出演バンドの方々もそんな感じでした。
居ないモッズの人のためにみんなでモッズ風のコトをやる珍しいイベントで、
出演バンドやお客さんに革ジャンを着たロッカーズもいるというピースなイベントです。
そこで、このイベントの楽しみ方を考えました。
年に一回のモッズの気分になってみよう祭。
ハロウィンみたいなものだと、で、祭りだ!と捉えていこう。
祭りって普段と違うことするものだから、
「オレ、モッズじゃねーし」みたいな居心地の悪さも
「祭りやけん、よか、よか」って思えるんですよ。
その場に居ないモッズの亡霊に肩身を狭くしてないで、
勝手気ままなモッズ祭りとしたいと思います。
間違っててもいいので、独自の進化をしていった方が面白いし、
みんな楽しめるんじゃないでしょうか。
そう考えたら、俄然来年が楽しみになりました。
もう、フレッドペリーとか着ちゃうよ。ベスパに乗って行きてえ。
動機が不純でも、いや不純なほうがおもしろがれるってあるよね。
Oi Skall Mates-Scooter Boy Scooter Girl12メイツ・スカル・ナイター・ウウゥ / Oi SKALL MATES (CD - 2001)

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。