イス張り替えプロジェクト2

先週はバラして、ご飯を食べに行って帰ってきたら寝てしまいました。
布の注文時間過ぎちゃったよー。で、後日注文し、布が届きました。
自分で張り替えると決めたときから、布は「帆布」にしようと決めてました。
理由はFUJITOのトートバッグが帆布だったんで。
で、探してみると、「倉敷帆布」というものに出会いました。
なんでも明治時代より、岡山県倉敷では帆布が生産されているらしく、
100年の歴史があり、
今の織り機は、昭和40年代に廃番となったものを大切に手入れしながら、
職人自ら機会の改修・改善を重ねて使っているそうです。
「倉敷帆布」は一級帆布と呼ばれ、その称号に恥じない
品質を継続するためのこだわりと職人さんたちをHPで見てしまいました。
ほら、そういうの大好きだからさ。もうこれしかないよね。
で、届いた生地がもう良くてね、うっとりしちゃう。
生地の目がきれいで、つまってて、みっしりしてる。
触り心地も良くて、強い。色もいい。紺にしました。
この布を小さいイスに張ってみました。
ミシンは小学校以来だったんですが、なんとかなりましたよ。
元の釘を再利用し、打ち付けて、完成。
できんじゃん。やればできるよ。
できる!(松岡修造)
いつやるか?今でしょ!(林修)
いやーいいんじゃない。超うれしいよ。
とても中学校の「技術」の授業で作ったイス
には見えないでしょ。品がいいよ。ステキ。
このイスを見ながら、ビール飲んじゃった。
いいねえつって。
さあ、次はいよいよ、でかいイスに着手。
つづく

ツイート

  • はてブ
  • LINE
  • Pocket
  • feedly8