脳と心と体について

●脳と心と体について
先日、夢を見て、がばっと起きたんです。
人に襲われる夢で、
起きたときに肩をつかまれた感触が
リアルにあるんです。
人に話すと「気持ち悪る〜」って言われるんですが、
ぼくはコレをおもしろいって思って感心してたんです。
脳のイマジネーションが体に影響を及ぼすってことですが、
夢精ってそうじゃないですか。
体を刺激しなくても想像だけで出るってことですから。
夢じゃなくても、
レモンを半分に切って、ブシューっと汁をしぼるのを
想像すると、唾液が口のなかに出ますよね。
夢のなかで脳が勝手にイメージしても
意識のある状態の心でイメージしても
体に影響が出る。体が反応する。
脳科学なんかでよく出てくるミラーニューロンの話として、
たとえば、
体を動かしてリアルに野球をしても、
野球をしてる人を見てるだけでも、
脳の同じ部位が反応している。
だから、上手になるには上手な人を見てまねる、
上手になった人は、もっと上手な自分をイメージする。
ということが言われます。
あと、足を切断して失ったのに、
ない足が痛いというような「幻肢」というものがあるそうです。
脳のなかの足に相当する部分になにかしら起こると
「足が痛い」と感じる。痛みが脳で発生しているとも言えるわけです。
脳と心と体はつながっている。影響し合っている。
当たり前っちゃ当たり前ですけど、
不思議なんですよね。
Aphex Twin – Xtal Selected Ambient Works 85-92 - Aphex Twin
Selected Ambient Works 85-92 – Aphex Twin
今日も聞いてくれてありがとうございます。
頭悪いなりに少しはわかりたいんですよ。

every coffeeショップ


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。