【5年使用】ポーレックスコーヒーミルおすすめ愛が止まらないレビュー

ポーレックスコーヒーミルを5年使っています。おすすめ理由は、シンプル構造・部品が買える・耐久性・日本製の4つです。買ったばっかりでレビューしても「耐久性とかどうなの?」って疑問や不安がありますよね。ガチ購入リアル3年毎日使用して、5年間持ってますから。

ひろ

コーヒーミルを5個所有するコーヒーブロガーが最初に手にした1台です

ビター

ポーレックスはシンプルな外見と構造で部品が少なく、セラミック刃を単品購入もできるので、長く使えるよ

手入れが楽なシンプル構造

まず携帯用コーヒーミルに求めるのは大きさです。小さいほうがいい。

というのは、わかりますが、もう一つ。実際、外で使ってわかったポイントは

シンプル構造であること。

1DAYキャンプでは使いぱなしでもいいんですが、帰省先や旅先では、分解して洗ったりします

分解するので、部品が少ないほうがいいんです。手入れがラクだし、失くす心配がない。

「e-prance」とかいう、安価なそっくり商品もありますが、評価を見ると「半年でダメになった」とか耐久性が悪かったり、バネとかリングとか細かい部品が多いみたいですね。

バネとリング部分が本体のシャフトに埋めこまれているので、ポーレックスの部品は、上の歯、下の歯、ネジだけ。

外見もシンプルだけど、内部構造もシンプルなんです。

部品が買える

携帯用のコーヒーミルといっても、使い捨てでなく、サブ機として長く使いたいですよね。

セラミックのコーヒーミルは歯の部分が摩耗します。

歯のギザギザ部分がツルツルになって来ると、微粉が多くなって、コーヒーの味に悪影響します。

歯だけを買い換えれば、使い捨てでなく、長く使えます。

このポーレックスはセラミックの歯だけをHPからパーツ購入できるので、じつは長い目で見るとコスパも良い。

ポーレックスの替え刃の交換してわかったコーヒーミルは消耗品

耐久性に優れている

見た目的にも構造的にもシンプルということは、耐久性も上がります。

また素材的にもステンレスとセラミックなので、変質せず、耐久性が高い。

安心してください。ここに3年間ほぼ毎日使用していた男がいることで実証済みです。

実はコーヒーを飲みはじめて最初の1台目のコーヒーミルがこのポーレックスコーヒーミルでした。

なので電動のミルを買うまでは、メイン機として、毎日3年間使いました

電動のミルのあとも、ヴィンテージコーヒーミルなど、買い足しましたが、ポーレックスは携帯用に使えるので、持っていても無駄にならない。

帰省する時、キャンプ・アウトドアコーヒー、いろんなシーンに持っていけるし、会社に置いてるサブ機といいながらも、今でも一番使用頻度が高く、現役バリバリで活躍中です。

ジャパンポーレックス株式会社

ジャパンポーレックス株式会社は、精巧なセラミック製家庭用品を中心に、自社で企画・開発した製品を日本国内の自社工場で生産をしています。

メイドインジャパンをナメちゃいけません。商品はガンガン改良するし、アフターフォローも親切。

私が買ったコーヒーミルも買ったときよりも、かなり改良されているし、問い合わせフォームから部品購入もできました。

売りっぱなしの中国製とは違うんです。物を買うのではなく、開発技術を持ってる日本の企業に支援するかのように、1票投じるかのように、そんな気持ちで購入していただきたい。

ポーレックス コーヒーミルの使い方

次にポーレックスコーヒーミルの基本的な使い方を紹介します。

上のフタからコーヒー豆を入れます。

フタをして、アームをつけて回す。簡単でしょ!

粉の細かさの設定はネジの締め具合で、歯の間隔を変えて行きます。いちばん締まった状態から、左に回していき、ゆるめるほど間隔が広くなり、粉が粗くなっていきます。

いちばん締まった状態の左上を基準に、下に来て1、右下で2、右上にきて3、と回していくと、だいたい7回転ぐらいで中挽きです。

「ペーパードリップ」であれば、これぐらいでしょう。使ってるうちにネジの出っ張り具合で、わかるようになりますので、なんとなくでOKです。

エスプレッソの極細挽きもできると書いてありますが、ギリギリ使えるぐらいかな。あまり締めすぎると歯同士がこすられて磨耗しやすいので、注意ですね。

粗挽きにすると、バラつきが多くなるのが唯一弱点ですね。と言っても臼型コーヒーミルは構造上そうなんですけどね。

あと、お手入れは分解できるので、週1回ブラシでゴシゴシ水洗いします。

ポーレックス3.jpg

ポーレックスコーヒーミルまとめ

コーヒーミルは消耗品ですから、長く使いたい方は、耐久性に優れ、内部構造もシンプルで、部品購入ができるメイドインジャパンのポーレックスがおすすめです。

●粉の荒さ、細かさの調整ができる
●分解して洗える
●部品が少なく、シンプルな構造
●携帯性に優れたコンパクト
●セラミックの歯とステンレスの本体だから丈夫
●シンプルデザインで見た目がいい
●歯の部品が購入できる
●メイドインジャパン

ひろ

デメリットは値段かな。
でもパクリの安価な中国製より本家のポーレックスを選んでいただきたい

ビター

実際、買って5年だからね。長い目で見ればポーレックスのほうがコスパいいべ

ミニは単に長さが短いだけ。挽ける量が3人分か2人分の違いです。

今日も寄っていただきありがとうございます。携帯用コーヒーミルならコレでまちがいなし。

もう一杯おかわりいかがですか

【間違いない】コーヒーミルおすすめ5選!初心者の選び方ポイントとガチ購入レビュー

every coffeeオンラインストア


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。