今さら「進撃の巨人」超おもしれーじゃん

連休中、「Hulu」で「進撃の巨人」のアニメを見ちゃいまして、
えらいおもしろかったんです。
1話1話のストリー展開がうまいから、
シーズン1全25話を1日で一気に見てしまったです。
14176.jpg
「これエヴァンゲリオンの影響あるよね」と思って、
検索してみると気になる話があった。
エヴァンゲリオンのTV放送が終わった当時、
映画を2本やることになっていたらしく、
一つはTVのダイジェスト版、
もう一つはテレビの世界観も捨てた完全書き下ろし版。
しかし、監督の庵野秀明が精神的、体力的な限界を迎えてしまい、
完全新作の劇場版はお蔵入りになってしまったという。
その映画用ストーリーのプロットを
庵野秀明が書いていて、
人類はほとんど滅びて、こもっていて、
外に出ると使徒が来る。しかも人を食う。
その使徒に対抗するのはエヴァだけなんだけど、
エントリープラグではなく、腹の中に子供を埋め込む、
といった設定で、
「進撃の巨人」そっくりだったらしい。
パクったとかいうハナシではなく、
アイデアとかクリエイティブとかいうのは、
カタチにして世に出してナンボ。
庵野さんがモタモタしてるから、
インスピレーションを受けた
エネルギーのある若いヤツが実現しちゃう。
自分への戒めとして、教訓として、
モタモタするな!カタチにして世に出してナンボじゃい!

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。