糸井重里さんの記憶に残る泣ける映画

あの映画のことは、思いだして話してるだけで、
なんだか泣きたくなってくるものなぁ。
『ライフ・イズ・ビューティフル』の主人公は、
笑顔を見せてくれるから、こっちが泣けるのだった。
彼が笑えば笑うほど、ぼくらは泣けてくるのだ。
(糸井重里)
と書かれていて、気になっていた
「ライフ イズ ビューティフル」を「Hulu」で観ました。
なるほど、この映画の主人公には
「やさしく、つよく、おもしろく」が全部入ってる。
糸井さんが作ったゲーム「MOTHER3」のテーマとして
語られた「悪ふざけ」もある。
第二次世界大戦中、家族を守るお父さんの姿を描いた映画ですから、
こんなオヤジになれたら、カッコイイなあって憧れます。
これぐらいきげんよく、悪ふざけのお調子者で
ポジティブに笑いを絶やさない、かしこく、いばらない、つよい人
になれたらね~。
糸井重里さんをリスペクトする人はこれは見とかないとねー。
8316.jpeg
で、「かなしい」も入ってるんだけどね、、、。

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffee 読者限定クーポン


フィンランドのコーヒーサービス「SLURP」さんから割引コードを発行してもらいました〜。定期購入の初回お届けが1000円割引12月14日まで

slurpxeverycoffee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。