【メリタ】VARIO-Eの挽き具合を検証してみた

今日のコーヒーは、先日買ったMelitta(メリタ) VARIO-E(バリオ)コーヒーグラインダーの挽き具合を検証してみました。

粉の粗さ調節は0(細挽き)〜40(荒挽き)までです。40段階に調節って、他のグラインダーと比べてかなり多かったんです。では実際どれぐらいの幅があるのか見てみましょう。

0(極細挽き)ティラミスみたいなかなりきめ細かいパウダー状
DSCF0114 (1).jpg


10(細挽き)エスプレッソは1桁代のこの辺まででしょうか
DSCF0115.jpg


20(中挽き)ドリップコーヒーは20番代かな
DSCF0116.jpg


30(中荒挽き)フレンチプレス、水出しコーヒは30番代かな
DSCF0117.jpg


40(極荒挽き)ココを使うことはなさそうです
DSCF0118.jpg

ちなみに調節は受け皿をグリんと回してメモリに合わせます。(20目盛りの所)

DSCF0139.jpg

またしばらく使っていって、レビューします。今のところ問題なくいい感じで満足しています。

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら