【メリタ】アロマフィルターは安定の味

コーヒーのドリッパーって種類がいろいろあって「どんな味の違いがあるのだろう?」とよくわかりませんよね。今回はメリタ アロマフィルター 1×1 を購入したので、使い方・淹れ方の注意点と味の違いや特徴をご紹介します。私はハリオ、カリタ、メリタと結局3つとも買ってしまいましたが、メリタにしかない良さ、同じコーヒー豆でもメリタにしか出せない味があるので、1つ持っておくと面白いアイテムです。

ペーパードリップの発明はメリタ

なんと言ってもペーパードリップの生みの親はメリタです。ドイツのメリタ夫人が「夫のためにおいしいコーヒーを淹れてあげたい」というところから生まれたそうです。そして、メリタ社は1908年の創業以来、理想的なコーヒーの抽出のために、フィルターの抽出口に関して、様々な研究を重ね、初期は無数に抽出口があいている茶こしのようなフィルターから、3つ穴、4つ穴のタイプなど、進歩をとげてきた結果、現在のモデルとなる1つ穴のシェイプを完成したんだとか(メリタHP参照)さすが古くからあるコーヒーメーカーですね。

メリタアロマフィルターの使い方

・コーヒー粉:細~中挽き8g
・抽出量:125ml
・温度:沸騰したら火を止めてひと呼吸
・蒸らし:30秒
・注ぐ回数:1回
・ポイント:杯数分のお湯を1度にそそぐ

メリタの使い方はお湯を1回注ぐだけ!
数回に分けて注ぐのが一般的ですが、メリタはギリギリまで1回注げばOK。最も美味しくなるように全部計算された形状だから、余計なことしなくていいそうです。そのぶん抽出量も1杯125mlと決められてしまいますが、メリタが長い歴史の中でたどり着いた答えです。それでいってみましょう。そこはのっかっていこう。

メリタアロマフィルターの味の特徴

ここしばらく使ってみましたが、コーヒー豆の種類に左右されないし、湯を落す速度とかやり方とかに関係なく、当たりはずれなく、まとめてくれて、安定した味わいになります。

同じコーヒー豆でも、メリタで淹れると全然違う味になる。その日の気分によって使ってみるとか、ちょっと同じ味に飽きたなとか、ちょっと自分に合わないなとか、そういうときメリタで淹れるとうまくまとめてくれるんですよ。

コーヒー豆にも淹れ方にも左右されないまとめ役

と言ったカンジですね。お湯を1回注ぐだけだから誰でも簡単に同じ味になります。

今日も寄っていただきありがとうございます。1個持っておくと便利ですよ。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。