コーヒーの味がわからない人へ。味がわかるとは違いがわかること

たまに「オレ、コーヒーの味わからないから」と申し訳なさそうに言う人と対面します。大丈夫です。私もそうでしたから、お気持ちよくわかります。コーヒー嫌いで全く飲めなかったからそれ以上ですよ。で、たまたま飲んだ時に「ちょっといいかも」と思ったのがきっかけなだけで、最初から「コレすごいおいしい!」って味がわかったわけじゃない。コーヒーを飲みはじめた時は、どれも似たような味でした。最初はわからないのは当たり前です。例えば音楽で、よく知らないジャンルの曲ってみんな同じに聞こえますよね。私はヘビメタとか全部一緒に聞こえます。

味覚は経験によって形成される

先日、鉄腕DASHを見てたら「世界一うまいラーメン作れるか」という企画でラーメン界の巨匠さんが「味覚は経験によって形成される」と言っていた。コーヒーの味が少しはわかるようになったのは、5年間、毎日飲んでいるから。さらに、いろんなコーヒーを飲んでいるから。スーパーで売っている豆、地元のコーヒー屋さんの豆、有名なコーヒー店の豆、自分で焙煎した豆、ブラジル、インドネシア、エチオピア、世界各地のコーヒー、スペシャルティコーヒーなど、コーヒーのいろんな味を経験してるから、コーヒーの味がだんだんわかるようになったんだと思います。コーヒーに対する味覚が形成されたんじゃないかと。

自分でコーヒーを淹れる

次に、コーヒーの味がわかるようになるには、自分でやってみることです。ハンドドリップというやつですね。コーヒーメーカーや人が淹れてくれたコーヒー、お店のコーヒーを飲んでるだけでは、何がどう違うのかわからないでしょ。「味がわかる」とは「違いがわかる」ことなので、「あっこれ違う!」っていう変化を経験していくことなんです。私が味がわかるようになっていったステップをざっくり説明します。

  1. ドリップバッグを飲んでみた
  2. ドリッパーとコーヒー粉を買って淹れてみた
  3. コーヒーミルでコーヒー豆を挽いてみた
  4. 生豆を焙煎してみた
  5. 品質の良い豆、焙煎が新しいコーヒーを飲み続けている

まず、スーパーでドリッパーとコーヒー粉を買いました。ドリッパーで淹れてみたら、ドリップバッグよりおいしいと思ったので、ハンドドリップで飲むようになりました。

次に「これは全然違う!」と思ったのは、それまで粉を買っていましたが、豆を挽いて淹れた時です。衝撃的でした。香りが全然ちがう!そして粉の大きさによっても味は変わります。もう絶対に豆を買うようになりました。

いいコーヒーを飲み続けること

で、いろいろ飲んだ結果、やった結果、味がわかるようになる1番いい方法は、いいコーヒーを飲み続けることです。いいコーヒーを飲んで、ちょっとでも違いを感じられたら、それが味覚形成の第一歩でしょう。残念ながらいいコーヒーを1杯だけ飲んでも、味がわかるようにはならないんです。ある日数は飲み続けないとわかるようにならない 。コーヒーや日本酒ってマーケティング的には成長商材と言われる部類に入ります。飲んだことがない人が一口飲んでいきなり「うまい!」っていうものじゃない。飲み続けて徐々に味がわかるようになるもの。

そういう意味では、以前の記事で紹介したROKUMEI COFFEE CO.さんのスペシャルティコーヒーのお試しセットなんかはビギナーの方におススメです。4種類のコーヒーがセットになっているので、コーヒーの味覚が形成されやすい。100gが4種類なのでボリュームもあるから、1日1杯でも40日飲み続ければ、わかるようになります。4種類あれば自分の好みの味とも出会えるんじゃないかな。

今日も寄っていただきありがとうございます。うっかりやっちゃうと焙煎するまでハマってしまうので、危険かもね。

もう1記事いかがでしょうか

コーヒーがおいしくない!こんな間違いしていませんか

2018.04.01

今月の自家焙煎コーヒー

ブルーマウンテンを半分ブレンドした「JAMAICA MIX」販売中


ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら