感想『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』人間理解として

心屋仁之助さんをご存知でしょうか?

こういった方のいわゆる「癒し」なカンジに距離を置いてしまいますが、youtubeでたまたま聞いた話がおもしろかったんです。やっぱり、売れてるってことは、それだけ多くの人に支持されて、今の時代に通じてるんですよ。心屋さんは、元大手運送会社のサラリーマンでバリバリ仕事してたら、家庭が崩れそうになり、心理学の世界へ入り、カウンセラーとなった方なので、一般人としての感覚と心理学の学問と心理療法の実践と経験がベースになっているので、「へーそうか」って発見もあるし、「なるほどなあ、わかる」って共感も多かった。スピリチュアルとかじゃぜんぜんない。

ようは人間理解、人間解釈

この人の物の見方や考え方を知りたい。「人をどう見るか」という人間理解、人間解釈に興味があるんです。ということで、試しに1冊読んでみました。『すりへらない心をつくるシンプルな習慣
一応断っておきますが、癒されたいわけじゃないです。すりへってもないです。ご心配なく。
心理カウンセラーの人の本として「人ってなんだろう?」「人の心の問題ってなんだろう?」って視点で読むと、結構面白いっす。では、気になったところをピックアップしますと、

結局、自分の価値観に合わない人にイライラしたり、腹が立ってしまうんです。
『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』心屋仁之助

そう、たったこれだけの事。
「価値観が違う」たったこれだけの事で、なぜそんなに争うのか。なぜそんなに認められないのか。人が抱える問題の根本はコレなんじゃないでしょうか。人権さえ侵害してなければ「(オレにはわかんないけど)へー、そうなんだ。いいんじゃない」って認められないものか。と、つくづく思う。自分が正しいと主張し合うから衝突するわけです。これに対する心の持ち方は、いっぱい書いてあるんで読んで損はないっす。さすがいいこと言いはるわ。

今日も寄っていただきありがとうございます。意外とハマってしまった。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。