山下達郎Performance2016大分公演 MC書き起こし

今年、山下達郎Performance2016大分公演に行ったんです。そのときMCの内容を憶えているうちに書いてて、ネタバレしないよう、ツアーが終わってからアップしようと思ったら、地震があり、書きかけのまま、時が過ぎてしまったんで不正確ですが、思い出の備忘録としてアップしちゃお。セットリスト&MCだいたいこんな内容だったうる覚え書き起こしです。
1.Sparkle
2.daydream
3.Windy Lady
4.Down Town
「4年ぶりの大分。前回来たときは震災のちょうど1年後の3月11日でした。ここでスタッフたちとみんなで黙とうをしたのを憶えています。」
「今年のツアーのセットリストのポリシーはただひとつ、明るい曲、辛気くさい曲はやめてなるべく明るい曲で揃えてみましたので、お楽しみ頂ければ幸いでございます!」
「ツアーを再開して6シーズン目に入っております。長いことやっていると、年代も様々でやれアレをやれ、コレをやれとあっちをたてれば、こっちがたたず、聞いてられません。なので、もうこの年になりますと聞く耳なんか持っておりません。」
「前回はマニアックツアーというのをやりまして、大分は回れませんでしたが、それでもまだシングルの曲でも、もう何年もやっていないという曲があります。これからお聞きいただく曲は人前で初めて披露する曲です。」
5.土曜日の恋人
6.Endless Game
7.風の回廊
「音楽業界の話として、CDなどのパッケージメディアが衰退し、YouTube、違法ダウンロードなどで、音楽業界全体が低迷し始めており…、自分も50にを半ばになりいろいろと考えるところがああり、これから先はライブに軸足をうつし、そういうことなら自分は全国ツアーをやりお客さんをいじりながら楽しく老後を暮らしていこうかということを考え始めたのが2008年で、そのときちょうど55歳でして久しく出来なかったライブを復活させておかげさまで今年で8年目となり毎年できるようになりました。」
「ツアーを再開して6年目(シーズン6)になりますが、声がよく出る、今までで一番声がよくでてるんじゃないか、と思う」
「今回コーラスが変わりました。ソプラノのハルナさん、アルトのエナさん。これで平均年齢がぐっと下がりました。30代は4人、50代が3人、60代が3人。40代はいません。ドーナッツ化現象か?」
「いままで40年以上やってきて、現在のメンバーのリズム隊が一番いい」
8.すてきなメロディー
9.過ぎ去りし日々”60’s Dream”
「世間ではカバーブームで、カバーアルバムとか出してる方もいらっしゃいますが、もっと気の利いた曲をやらないのか。と言いつつ、これからやる曲はみなさん誰もが知っている曲です。シャレです。シャレ。」
10.Can’t Take My Eyes Off You [Frankie Valliのカバー]
「受けすぎ。これ花道がないとできないんです。一度やってみたかったんです」
「いま世界を見渡しますと、大きな動乱のなかにあり、こういった時、文化メディアの我々になにができるのかといつも考えさせられるわけでして、まじめな曲を1曲、聞いてください。」
11.DANCER
「35年間ずっとオープニング前にドゥワップをかけていますが、。ドゥワップというのはストリートミュージックでして、今のラップやヒップホップのおじいちゃんのような音楽でして、なんで声だけでやっているのかというと、楽器を買うお金がないからで、壁をバックに、地下鉄の階段などでやっていたような音楽なんですが。会場でSHAZAMで曲検索してる人を見かけますが、今回は特にCDにもなってないような曲が多いので、わかっても2曲ぐらいじゃないかな。ざまあみやがれって。シャレですよ。」
「これからお聞きいただく曲はオンザストリートコーナーにも入ってる、とりわけ好きな曲なんですが、むずかしいんですよ。押し切るものがないと、出来ないんで、ここ最近だいぶ声が出てきたから、やれるようになった曲です。」
12.CHAPEL OF DREAMS
(歌い直し)「ちょっと、もう一回。すいません。気をとりなおして」「デジタルだと音が前に出過ぎるんで、どうしても体が反応してしまうんです。」
「鈴木雅弘さんに書いた曲でありますが、彼はドゥワップ仲間でして、編曲を気に入ってくれて彼のライブでもマスターテープを使っていたらしいんですが、テープなのでのびるので、じゃあとリマスターしたものを差し上げたら、すごく音がいいと当たり前じゃないかということで、せっかくリマスターしたから自分でも歌おうと思います。」
13.おやすみ、ロージー -Angel Babyへのオマージュ-
「次にお聞きいただくのは、昨年までのツアーではメロウな曲をやってったんですが、今年に入って明るい曲に変えました。」
14.Angel
15.WHITE CHRISTMAS~クリスマス・イブ
16.希望という名の光 ~メドレー (LET GET TOGETHER[THE YOUNGBLOODS]~THIS LAND IS YOUR LAND [Woodie Guthrie]~今日をこえて [岡林信康]~蒼氓~希望という名の光)
18.さよなら夏の日
「今回のように何十本もやるツアーには、頑張ってチケットを取って、何回も観に来てくださるお客さんがいるのですが、そういう方に限って、『クリスマスイヴのようなベタなヒット曲はもう飽きたからやるな』とおっしゃる方がいるのですが、僕が思うに、『ライブは一期一会』、つまり、今日この日に初めて、そして唯一度きり、このライブに来てくださる方がいるわけで、そういう方にはやはりこの曲は必要でして、ですから、これからも、ツアーにおいては、『クリスマスイヴ』は歌い続けます」
「ツアーが終わったら、今度はスタジオ仕事に入ろうかと考えておりまして、ミニアルバムぐらいはできるかも。」
<拍手>
「そんな期待のない拍手ありがとうございます。皆さんご存じだと思いますが、今月、嵐のシングルが発売になり、作詞竹内まりや、作曲山下達郎というおそろしい、、、。通常ですと提供する場合は編曲はあちらのスタッフの方がされるんですが、嵐のスタッフがぼくのデモテープを気に入ってくださって、編曲もということで、でもオレ古いよ。とか言いながらやることになりまして、なのでイントロは私、途中のガットギターは佐橋君で。このあいだも歌ってとか言われましたけど、まだ歌詞を覚えていないのでそのうちに。」
<イントロギター披露>
「シュガーベイブとして1975年にデビューしてから40周年なので何をしようかなと考えましたが、昔から40年もやってますと常連さんがたくさん居まして、毎回ツアーが始まる度に「今回はこれをやれ」とか「今回はこれをやめろ」とか色んなことを言う人がいるのですが、もう63歳になろうとしておりますので 還暦過ぎましたらそのようなことを聞く耳持ちませんから、自分のやりたい曲をやりたいようにやるだけでございますから、でも、さすがにこれはもう演奏することはないかもしれないです。」
19.SUGAR
20.BOMBER
19.LET’S DANCE BABY~大瀧詠一メドレー (びんぼう~ナイアガラムーン~ハンドクラッピングルンバ~楽しい夜更かし~夢で逢えたら~君は天然色~幸せな結末~熱き心に~ナイアガラ音頭~ロックンロールマーチ~いかすぜ!この恋 [大瀧詠一])
20.アトムの子~アンパンマンのマーチ [ドリーミング]~

<アンコール>
「ありがとうございます。まあ、お座りください。加山雄三さんはあと1年で80歳になるということですが、さすがに80でライド・オン・タイムを歌うのはちょっときついかなと思いますが、当面は72歳まで現役を続けられた三波春夫さんを目標に頑張っていけたらなと思っております。」
「どんなに古い曲であろうともその曲に対するパッションさえ失わなければナツメロなんてものはありません。」
21.HAPPY HAPPY GREETING
22.Ride on time
23.いつか (SOMEDAY)
「時間大丈夫?もう1曲やっちゃおうか」
24.恋のブギ・ウギ・トレイン
25.Your Eyes
と、3時間越えの至福の時でした。しかも1階の10何列目。これも日頃の行いでしょ。神の思し召しです。
山下達郎Performance2016で演奏した「Can’t Take My Eyes off You(君の瞳に恋してる)」がシングルのカップリングで音源化されたので、嬉しいところです。このセットリストで作るituneのプレイリストの精度が上がります。
CHEER UP! THE SUMMER - 山下達郎
CHEER UP! THE SUMMER – 山下達郎

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。