文字には不思議な力がある

DSCF1980.jpg
数年前に妻が運転する車に後部座席に子どもと二人乗っていた時でした。
ふと、横を見ると、こどもが車のシートに消しゴムで「バカ」って書きやがって、
ゴシゴシしたら、消えるけど、腹立ってね。
めずらしくおこったんです。感情的に。「消せ。自分で消せ」って。
物を大事にしないと、とっても悲しいじゃない。「タダじゃねえぞ」って。
マイカーローン組むのに銀行行ったりして買った車ですよ。
しかも新卒のペーペーみたいなヤツに対応されて段取り悪りいで何回か行ったよ。
オレが稼いだお金で買っているワケだから、
その働いている事自体をバカにされたような、
自分自身を否定されたような気持ちになっちゃうんだよ。
ウチの子の
「バカ」って書いた気持ちがバカなのか。
その行動がバカなのか。
その行動の結果がバカなことになってしまったのか。
わかりませんが、
「バカ」って書いたことが、人に影響を与えて、
自分の身にふりかかってきたのは事実でしょう。
「バカ」じゃなくて、もし「ラブ」って書いてたらおこってなかったと思う。
「え~ラブ悪くないけど、消してよ~」ぐらいの言い方だろう。
「バカ」って書いたら、バカみたいにおこられて。
「ラブ」って書いたら、おこられるはずが、少し愛がもらえる。
不思議だ。同じカタカナ2文字なのに。
まだ子どもにとってはどちらも記号的な意味のない言葉だってわかかってても、そうなっちゃう。
文字によって結果が変わる。
文字には不思議な力がある
うん。もうちょっと正確にいうなら、「文字は人に不思議な影響をあたえる力がある」かな。
おっと、ブログは文字だらけだから自分も気をつけなきゃ。

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ブログランキング にほんブログ村

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。