コーヒーという名のシンガー

本当はコフィなんだけどね、すいません。でもこの人、確信犯なんですよ。デビューアルバムが「Black… With Sugar」でジャケットにもコーヒーカップの写真ですから。ということで今回もレゲエのラブソング「ラヴァーズロック」をかけますよ。
で、KOFIとは

10代後半から20代前半に、新聞のメンバー募集欄を通して知り合った、ポーリーン・カトリーンとキャロン・ウィーラーと共に「ブラウンシュガー」というグループを結成。デニス・ブラウン他のバックを務めロンドンレゲエシーンでは多少知名度はあったらしい。国内ツアーも行ったそうである。解散後、マッドプロフェッサーと出会いアリーワよりソロデビュー。(日本版ライナーノーツより)

とういことで、マッシヴ・アタック、ジャミロクワイ、デペッシュ・モード等のリミックスで有名なマッドプロフェッサーのレーベル、ARIWAの看板歌姫になったわけです。
今日も寄っていただきありがとうございます。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。