コーヒーの抽出は透過法と浸漬法

コーヒーの抽出には透過法と浸漬法があります。コーヒー粉とお湯の接触時間の違いによって、抽出される成分が違うので、コーヒーの味が変わります。コーヒーの成分は短時間で抽出される成分もあれば、長時間でしか抽出されない成分もあります。どちらにもメッリト、デメリットがあります。

透過法

透過法はコーヒー粉にお湯を通して抽出する。

コーヒー粉とお湯が接触する時間が短い。

また、透過法はお湯の落とし方(お湯の量と時間)によって、味に差が出やすい。味の再現性が低い。

▼浸漬法(コーヒー粉とお湯が接触する時間が長い)

浸漬法はコーヒー粉にお湯を浸け置きで抽出する。

浸漬法はお湯の量と時間が一定なので味の差が出にくい。味の再現性が高い。

ぼくは透過法の円すい1つ穴ドリッパーの「ハリオV60」を基本にしてます。透過法は良くも悪くも味をはっきり出してくれます。それで苦手な味になったら、
浸漬法の台形型1つ穴ドリドリッパーの「メリタアロマフィルター」にします。浸漬法は味をまとめてくれるので飲みやすくなります。

と、感じていますがご参考までに。もちろん各淹れ方の抽出温度や粉の大きさなどによって、味の違いが出るんですが、コーヒー豆によって、抽出によって、自分の好みと合う合わないがありますし、いろんな味を楽しんで、あなたにあったよいコーヒーライフを!

今日も寄っていただきありがとうございます。

インスタ版every coffee
ビターのクロネコカフェ


今日のコーヒーを気ままに出しています。うっかりフォローした人はしあわせになっちゃうよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。