アイスコーヒーにおすすめの豆は?深煎り中煎り浅煎り?

アイスコーヒーの作り方を調べると、ほとんどが「深煎りのコーヒー豆」と決まり文句のように出てきますが、いろいろ試した結果、中煎りも浅煎りもおいしいとわかりました。誰が飲んでも絶対においしいかはわかりません。もちろん個人の好みによりますし、それにあった淹れ方や工夫も必要になりますが、いろんなおいしさと出合うとよりコーヒーが楽しめるので紹介いたします。

アイスコーヒーの作り方

まずアイスコーヒーには主に2つの淹れ方があります。

急冷式アイスコーヒー

お湯を注いで通常の半分の量で濃いホットコーヒーを抽出して、氷で一気に冷やします。アイスコーヒーといえば、やっぱりコレ。この味わいですよね。セブンイレブンのアイスコーヒーはこの淹れ方になります。

究極のアイスコーヒーの作り方は氷を使った急冷式!

2017.06.10

水出しアイスコーヒー

水を一滴一滴落として、コーヒーを抽出します。時間がかかる為、これを提供しているお店は少ないでしょう。なかなか口にする機会は少ないかもしれませんが、濃縮された果実風味は絶品です。これでしか出せない味わいがあるので今ハマっています。

iwaki ウォータードリップサーバーで点滴水出しコーヒーの作り方

2018.08.19

アイスコーヒーはこの作り方によって同じ豆でも違う味になります。どっちの淹れ方でも、それぞれにおいしいポイントがありますし、器具の説明書通り作ってもおいしいと思わない場合もあります。自分がおいしいと思えるポイントを見つける工夫と回数は必要になります。

両方の淹れ方で私のポイントは「細挽き」で「濃く」かな。アイスコーヒーは薄くて酸っぱいとまずく感じる傾向にあります。
濃いコーヒーは水で薄めて調整できるけど、薄いのを濃くはできないよね。
それと飲む時は全部ブラックで飲んでいます。砂糖、シロップ、ミルク、一切入れずに「おいしい」と思えるかを探ってきました。
で、アイスコーヒーにおすすめの豆は?深煎り中煎り浅煎り?

深煎りのアイスコーヒー

深煎りのコーヒーはテッパンで大丈夫。アイスコーヒーの代名詞みたいなもんですから、まずはここでおいしいと思えるかですね。急冷式で淹れると、キュっと締まってコクがありキレのいい、香り高いコーヒーができます。

中煎りのアイスコーヒー

中煎りのコーヒー豆でも、同じ淹れ方で大丈夫。苦味が弱くなる分、薄いか、少し物足りなく感じるかもしれませんが、私はブラックで飲むので、実はこれぐらいが飲みやすくて好きです。

今まで飲んだなかで1番おいしいアイスコーヒー「TATSURO MIX」

2017.07.16

浅煎りのアイスコーヒー

浅煎りのコーヒー豆だと、かなり味の構成要素が変わってきます。酸味が強くなりますし、これは好みが別れるところでしょうね。さらに抽出もむずかしくなってきます。今までにない自分好みを模索することになるので、試行錯誤しながら、味の出方を覚えていく必要があります。ここでもポイントは細挽きで濃く抽出すること。私は点滴ドリップの水出しで抽出した濃縮された果実風味のが好きです。「水出しで浅煎り」は当たればでかい。

浅煎りのアイスコーヒーがおいしくなりました!

2017.07.13

まとめ

深煎りから徐々に浅煎りのアイスコーヒーを飲んでみる

というのはどうでしょう。日本の市場にはアイスコーヒー イコール「あの味」っていうのがあるじゃないですか。マックやセブンイレブンなどのあの味です。あれが基準で初めて飲むと、やっぱり「薄い」とか「物足りない」とか「変な味」とか思っちゃうんですよ。私もそうでした。

でも、ちょっとしたきっかけでやってみると、おいしさがわかる日が来るんです。「おおお、なにこれ!この味!ウマいじゃん!キター」って自分との接点ができる日が来ます。

実はアイスコーヒーを何年もおいしいと思わなかったんだよね
いろんなコーヒーを飲んで味覚が形成されたんだよ。おいしさがわかるって経験値なんだ

2015年の夏にハリオ 水出し珈琲ポットを購入してたんですが、水出しコーヒーのおいしさがわかったのは2018年の夏ですから、3年かかってます。おいしいと思えなくて、放ったらかしの期間がありますから。そんなすぐにおいしいと思えるものばかりじゃないよね。

今日も寄っていただきありがとうございます。新キャラは黒ネコのビターです。

もう一杯おかわりいかがですか

水出しアイスコーヒー比較!イワキとハリオどっちがおすすめ?

2018.08.22

アイスコーヒーの淹れ方と量(スタバ、UCC、KALDI)まとめ

2017.06.13

ゲイシャのアイスコーヒーがプレミアムすぎる

2017.07.02

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


今月は個性的な「ミャンマーのユアガン」です。

ABOUTこの記事をかいた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら