コーヒーのロブスタはくさい…

ぜんぜんまずくないじゃんって言っていたロブスタが本気を出し始めたようです。きなこ臭いようなにおいを放ってきました。とりあえずジップロックで確保。味はどんな具合か。

ホットで飲んでみた

淹れてしまえば、においは気にならない。けど、苦味が出てきたねえ。本領発揮か。焙煎から日が経って、味が落ち着いてきた分、はっきり感じるようになってきたか。

アイスで飲んでみた

こちらもイヤなにおいは出てないし、まずくて飲めないではない。ホットに比べたら、まあアイスの方が飲みやすいかな。シロップを入れたら、普通に飲めるだろうね。

ロブスタ種は本当にまずいのか

先月から何回かに分けてやってきたんで、そろそろまとめときましょう。

結論「飲めないほどまずいではないが、くさいから私はもういいや(笑)」

ブレンドに混ぜて隠し味的に味が飛躍するかどうかはわからない。可能性はゼロではないと思うが、基本的にコーヒーはマイナスの味を取り除いていくことがおいしさにつながると思っているので、雑味になっちゃうほうが可能性高いかな。といったところかな。アイスコーヒーのブレンドになら使えるかも、アイスコーヒーの苦味を強調した方がいいときもあるから。一応ブレンド研究のためにいろいろ試してみまーす。

今日も寄っていただきありがとうございます。もっとまずいコーヒーを出してる店はふつうにあるよ。

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。