おいしいコーヒーのためにハンドピック

コーヒーの生豆には、味に悪影響を与える豆が混ざっています。カビや虫食いなどがある豆が混ざっていると、焙煎中に異臭を放ったりするので、焼く前に取り除きます。この作業を「ハンドピック」といいます。ハンドピック用に黒い紙を買ってみました。ただのボール紙で80円ですけど、木のテーブルでやるよりも色、カタチがはっきりして、見つけやすくなりました。

ハンドピック1.jpg
目次

虫食い豆

今日は生豆の欠点豆を取り除く作業「ハンドピック」をしました。コーヒー豆を焙煎する前に味に悪影響を与える豆を欠点豆といいます。この欠点豆の一つに虫食い豆というものがあります。
DSCF9667.jpg
豆の表面に小さな点があるだけだったりして、見つけにくいのですが、
DSCF9666.jpg
中を開けてみると「ボエ〜」食われていてこんなことに!
これはさらに中身がない貝殻豆でした。
ハンドピックは結構時間かかるんですが、こんなの飲みたくないしね。

今日も寄っていただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次