【2022年】コンビニコーヒー比較ランキング・コーヒー好きが選んだコンビニがこちら

2022年版のコンビニコーヒーランキングを発表します。今年はレギュラーブレンドにしぼりました。というのも、ちょっと値段が高いプレミアム商品がファミマ以外なかったからです。

コスパのいいレギュラーブレンド勝負でいきましょう。アイスとラテは含みません。ホット勝負です。
なんですが「ここがうまい、まずい」っていう、上から目線で言うものではありません。
100円でこのクオリティはありえんす。
という大前提のうえでの素人消費者のコーヒー遊びです。

そんなお遊びのコンビニコーヒーランキングも4年目です。2019年からやってまして、ちょっとしたデータベースになってきました。

2022年はコーヒーに合うスイーツもチョイスして「ペアリング大賞」もやってみました。

目次

個人ランク

まずコーヒーコーヒーブロガーがコンビニ各社を飲み歩き、独断と偏見で勝手に選ぶコンビニコーヒーランキングがこちら。

ひろ

コンビニコーヒーランキング4年目はまさかの大波乱

1位ローソン

  バランス極めたコクと旨み

万年3位だったローソンがいきなり、2022年は1位です。

ポイントは3社のなかで唯一、ポジティブな要素を感じた。「モカ入ってんのかな」って思うぐらい果実味を感じました。これはポイント高いです。

あと、ローソンはネガティブな要素もつぶしてたのもポイントです。昨年まで、雑味っぽさが感じられていたけど、かなり、すっきりになったし、それでいて薄くなく、唯一のエスプレッソ方式のマシーンがここにきて有利になりました。

コーヒーS 価格:100円(税込)
酸味:★★★☆☆
苦味:★★★☆☆
甘み:★☆☆☆☆
コク:★★☆☆☆
香り:★★★☆☆

2位ファミマ

ファミマはバランスがいいんすよ。けど、突出した要素を感じなかったかな。なにかポジティブな要素が一つでもあれば、1位でしたね。なので1位と2位の差は僅差です。

ブレンドS 価格:100円(税込)
酸味:★★☆☆☆
苦味:★★★★☆
甘み:★☆☆☆☆
コク:★★☆☆☆
香り:★★★☆☆

3位セブン

セブンは、まず「うすい」って感じた。深煎りの焙煎の香味はついてるけど、コーヒーの豆の味が感じられなかった。なんか、さらーっとしてる…そのネガティブな印象がマイナスポイントになってしまった。

コーヒーR 価格:100円(税込)
酸味:★☆☆☆☆
苦味:★★★☆☆
甘み:★☆☆☆☆
コク:★☆☆☆☆
香り:★★★☆☆

90人が選んだコンビコーヒーランキング

じゃあ「みんなはどこが好き?」ということで、twitterで「コンビニコーヒーはどこが好きですか?」というアンケートをとりました。なので先ほどの上記3品とは関係なく、ざっくりした回答になります。

でも私のtwitterのフォロワーさんはコーヒー好きの方が多いので、これが一番参考になるでしょう。コーヒー好き90人が選んだコンビニコーヒーがこちら。

1位:セブンイレブン
2位:ファミリーマート
3位:ローソン

濃度ランキング

次はコーヒーの濃度で比べてみましょう。コーヒーの濃度は専門の機械で測定します。コーヒーの成分がどれだけ水の中に溶け出しているかの割合になります。

ひろ

濃度が高いイコールおいしいでは、ありませんがイチ基準として参考に

感覚的なものだけでなく、数値でもって科学的にも見てみようという事で、濃度が高い順に発表します。

  1. ローソン 1.51%
  2. セブンイレブン 1.04%
  3. ファミリーマート 0.93%

ペアリング大賞


2022年の今年からはコーヒーに合うスイーツをチョイスして「ペアリング大賞」もやってみました。コーヒーに合う商品があるかという、商品力が問われます。各社のオリジナル商品からチョイスしています。
といっても、そのスイーツを選ぶのもコーヒーバカが独断と偏見と個人の趣向のかたまりで選んでいます。その点はご留意いただきたい。

ビター

コーヒーに合うスイーツ出てこいや

1位ファミマ/餅入り黒糖生どら


これはダントツでした。コーヒーに合う合う。マッチングしすぎたね
どらの焼き菓子、黒糖あんこの砂糖、餅の触感これらの要素がコーヒーと組み合わさって、お口のコスモ(小宇宙)誕生です。

2位ローソン/ゴディバ ショコラメロンパン

ローソンの得意技、お家芸の「チョコメロンパン」です。今年はゴディババージョンになってました。
チョコとコーヒーが合うのは当たり前!ですがチョコを駆使して攻めてくるローソンのスタンスが好きです。

3位セブンイレブン/有機むき甘栗

う~んイマイチ…
しっとりなのが、逆にコーヒーに合わなかったかも。逆にパサついてるほうがコーヒーには合ったのかも。
「そもそも論コーヒーに栗チョイスなくね?」と思われるかもですが、たしかに。これはチョイスに問題ありですが、他に「おっ」と思える商品が無かったということでもあります。

コンビニ コーヒーの買い方

レジで注文すると、カップを渡されるので、自分でマシーンのボタンを押す。

コロナの影響もあり、各社同じになりましたね。

コンビニコーヒーの量

数年前の飲んだときのデーターではありますが、各社約150mlでした。

コンビニ コーヒーの値段

ローソン
コーヒーS 100円(税込)
コーヒーM 150円(税込)
コーヒーL 180円(税込)

ファミリーマート
ブレンドS 100円 (税込)
ブレンドM 150円 (税込)

セブンイレブン
ホットコーヒーR 100円 (税込)
ホットコーヒーL 150円 (税込)

感想

コンビニコーヒーは基本的にはどこも一緒

値段が同じなので、販売価格から逆算で考えていくと、コーヒー豆の品質のラインもだいたい同じになってくじゃないですか、焙煎、マシーン、オペレーションほかの要素もざっくり言えば、だいたい同じになっていくよね。

そのなかで、ちょっとでもポジティブな印象があれば、1位になるし、ちょっとでもネガティブな印象になれば、3位になるという。

なので、どこがうまいまずい、っていう趣旨のものではありません。100円でこのクオリティはありえんす。の大前提のうえで、各社、味はどんどん変わるので、数年前に一度飲んだ感想で、「〇〇のコーヒーはまずい」って固定しちゃうのはもったいない。

ひろ

ずっと3位だったローソンが1位になったし、コーヒー豆は変動するからブレンドの割合とかは変更してるハズ

ビター

気軽に飲めるからコーヒー飲み比べ遊びやってみ

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次