ローソン「マチカフェ」のコーヒーの量と味は?

ローソンのコーヒーマシンがリニューアルしたというニュースを見たのでコーヒーブロガーとして行ってきました。マチカフェのコーヒー豆はブレンド。ホットコーヒー Sの量は約160ml。コーヒーの買い方は店員さんに注文するとマシンで淹れてくれて手渡しです。それでは詳しく見ていきましょう。

接客重視のMachi cafe

ローソンは2011年1月から「Machi cafe」というブランド展開をしています。店員さんが手渡ししてくれます。これは会話が増え、接客サービス向上のためだそうです。さらにコーヒーの対面販売を通して商品知識や接客力を向上させた人を「ファンタジスタ」と本部が認定する制度まであるそうです。なんとそのなかからグランドファンタジスタに選出されたら、イパネマのコーヒー農園に研修ツアーに行くそうです。本格的ですね。エプロンに「coffee FANTASISTA」のエンブレムがある店員さんを探すのも楽しみの一つにいいかも。(参照:https://crew.lawson.co.jp/merit/merit02.html

リニューアル

2018年2月
新型マシン「メリタ カフィーナXT6」はエスプレッソ方式で、ホットコーヒー(S)約25秒で抽出が可能になり現行の約15秒短縮。また、豆を砕くグラインダーはフラットディスク形式で、コーヒー粉が均一になり雑味が減り、より細かいメッシュのマイクロフィルターを使用することで、コーヒー本来の味をよりクリアに感じられるようになるそうです。

近所のローソンはまだ旧型マシンでしたが、新しく開店したお店は導入されているでしょう。

抽出はエスプレッソマシン

店員さんがマシンの操作をしてくれるので、近くでは見られませんが、エスプレッソマシンです。ホットコーヒー(S)は約40秒です。

コーヒーの量と味は

コーヒー1杯の量は公式には発表されていないので、スケールを持っていって計ったものです。その都度、多少バラつきはあると思います。

コーヒー(S)「バランス極めたコクと旨み。」
価格:100円(税込)
カロリー:6kcal
栄養成分:たんぱく質0.3g脂質0.3g炭水化物1gナトリウム6mg食塩相当量0g
抽出方式:加圧(エスプレッソ)方式
内容量:159.6ml

ひろ
温度が高いっすね。高温すぎて、味がわかりにくいので、冷まします。香りはチョコレートっぽいカカオ系と酸の爽やかさがある。香りは好きな方ですね。味は酸味が最初にきてちょっと苦味が残る感じですね。バランスのいい味と香り

まとめ

ローソンはブランド展開がしっかりしていて、「ゲイシャ」「ハワイコナ」「イエローブルボン」など、期間限定の新商品なども多く、話題姓づくりが上手ですね。新商品の広告のデザインも好きです。コンビニコーヒーで唯一の手渡しでエスプレッソ抽出が今後どうなっていくかですね。

今日も寄っていただきありがとうございます。次回コンビニコーヒーの濃度を計ります。

もう一杯おかわりいかがですか

コーヒーブロガーが濃度計でコンビニコーヒーを比較!人気ランキング2019

2019.01.27

ファミリーマート「ファミマ カフェ」のコーヒーの量と味は?

2019.01.25

セブン-イレブン「セブンカフェ」のコーヒーの量と味は?

2019.01.20

every coffee コースター


1枚500円(送料込)+エスメラルダゲイシャ1杯分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら