コーヒー1杯何ml?豆の量は何グラム?プロのおすすめ10選

コーヒーを淹れる時、粉は何グラムで1杯何mlで淹れていますか? だいたいの目安はあっても「えーそんなのいちいち測ってない」という方がほとんどかもしれませんが、コーヒー粉の量とお湯の量によってコーヒーの味は変わります。コーヒーの入れ方もそうですが、実は味に影響するのは量がいちばん大きいんです。

分量によって味はどう変わる?

コーヒー粉の量とお湯の量のバランスですが、濃いか、薄いかなので、飲んで感覚的にわかると思います。コーヒーの濃度ですね。しかし、1杯分と4杯分では、味も変わってきます。単純に1杯分の分量に杯数分をかけ算していくとは、限らない場合もあります。

また、いつもスプーン1杯と決めて淹れてる方もたまには量を変えてみるのも、違った発見があっていいでしょう。ドリッパーについてるスプーンは各社で量が違いますし、喫茶店などではコーヒー粉を倍にしたメニューもあるぐらいなので、やってみるとおもしろい。コーヒー豆によって「これは2g多い方がいいな」みたいなことはよくあります。

ドリップの量プロのおすすめは

では、コーヒー1杯は何mlでコーヒー粉は何グラムがいいのか?何杯分淹れるのがいいのか?
コーヒー会社、有名カフェ、有名バリスタ、専門家など、具体的に何g何mlと推奨しているところを挙げてみました。

UCC: 1杯/約140cc 粉10~12g
スターバックス: 1杯/180ml 粉10g
シアトルズベストコーヒー: 1杯/170ml 粉10g
ターリーズコーヒー: 1杯/150~200cc 粉10g
カリタ:3杯/360ml 粉30g
ブルーボトルコーヒー: 2-3杯/310ml 粉30g
ミカフェート(コーヒーハンター川島良彰): 2杯/300ml 粉36g
カフェバッハ(田口護): 1杯/150ml 粉12g(中挽き)
粕谷晢(Brc2017世界チャンピオン):1杯/150ml 粉10g  2杯/300ml 粉20g
ドトールコーヒー: 3~4杯/500ml 粉48g
だいたいコーヒー粉10gで1杯130ml抽出ぐらいが平均かな。やっぱりアメリカはお湯の量が多めですね。

計って淹れると味の再現性が高い

ちなみに私はコーヒー抽出の世界大会で優勝した粕谷晢さんの4:6メソッド「1杯分10g150ml」で淹れています。1杯分よりも2杯分で20g300mlでの抽出の方が安定した味わいになるように感じます。世界大会でも20g300mlで淹れられてましたね。

実演会で実際ご本人が淹れた世界一のコーヒーを試飲させてもらったことがあります。「これがコーヒーか!」と思うぐらい別ものでした。どうしてもその味をもう一度味わいたいと思い、メチャ高い同じ豆を取り寄せて、同じ淹れ方で飲んだのですが、細く計って淹れる淹れ方なので、同じ味わいになりました。

計って淹れるとプロと同じ味が再現できるんですね。さらにコーヒー豆の特徴によって増やしたり、減らしたりを数値でわかると、自分好みの味を再現しやすいです。なので計って淹れるとおいしいコーヒーになるというわけです。

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーラヴァ―ならタイマー付スケールは必ですね。

もう1記事いかがですか

コーヒーの量に関係する「コーヒーがおいしくなる記事」はこちら

コーヒー粉を倍にして飲むと…

2017.01.21

コーヒーのスプーン一杯の量は何gなの? 各社で違うので比較してみた

2018.03.24

コーヒードリップ世界一の淹れ方「4:6メソッド」

2017.05.03

一番美味しいプロのコーヒーの入れ方【おすすめ10選】

2018.03.25

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら