コーヒー1杯何ml?豆の量は何グラム?プロの入れ方10選

コーヒーの量を計るスケールとコーヒー豆

コーヒーを淹れる時、粉は何グラムで1杯何mlで淹れていますか? だいたいの目安はあっても「えーそんなのいちいち測ってない」という方がほとんどかもしれません。私もそうだったんですが、コーヒー粉の量とお湯の量によってコーヒーの味は変わります。コーヒーの入れ方もそうですが、実は味に影響するのは量がいちばん大きいとわかりました。カフェやお店の味の違いは量の違いでもあります。ということで計って淹れるとおいしくなりますよという話です。

分量によって味はどう変わる?

コーヒー粉をスプーンですくうコーヒー粉の量とお湯の量はコーヒーの濃度なので、単純に濃いか、薄いか、飲んで感覚的にわかると思います。

いつもスプーン1杯と決めて淹れてる方もたまには極端に量を変えてみるのも、違った発見があっていいかもしれません。喫茶店などではコーヒー粉を倍にしたメニューもあるぐらいなので、やってみると、おもしろいですよ。

また、1杯分淹れた時と4杯分淹れた時では、味の出方も変わってきます。単純に1杯分の分量に杯数分をかけ算していくとは、限らないんです。

プロのドリップの量は?

ハリオV60をコーヒードリップスタンドに乗せてコーヒーサーバーにドリップでは、コーヒー1杯は何mlでコーヒー粉は何グラムがいいのか?
また何杯分淹れるのがいいのか?
コーヒー会社、有名カフェ、有名バリスタ、専門家など、具体的に何g何mlと推奨しているところを挙げてみました。

ターリーズコーヒー
1杯/150~200cc 粉10g
スターバックス
1杯/180ml 粉10g
シアトルズベストコーヒー
1杯/170ml 粉10g
粕谷晢(Brc2017世界チャンピオン)
1杯/150ml 粉10g  2杯/300ml 粉20g
カフェバッハ(田口護)
1杯/150ml 粉12g(中挽き)
カリタ
3杯/360ml 粉30g
UCC
1杯/約140cc 粉10~12g
ドトールコーヒー
3~4杯/500ml 粉48g
ブルーボトルコーヒー
2~3杯/310ml 粉30g
ミカフェート(コーヒーハンター川島良彰)
2杯/300ml 粉36g
抽出量をコーヒー粉の量で割った、濃度順に並べました。下にいくほど濃いコーヒーになります。やっぱりアメリカはお湯の量が多めですね。だいたい平均でコーヒー粉10gで1杯130ml抽出ぐらいでしょうか。

コーヒー粉10グラムはどれぐらい?

コーヒー粉をスプーンですくうはかりをお持ちでない方には10gがどれぐらいかピンときませんよね。私もコーヒーを飲み始めた頃はそうでした。コーヒー粉10gはカレーを食べる時などに使う大きいスプーンで山盛り4杯ぐらいです。意外と多いと不安を感じるかもしれませんが、実際10gをスプーンですくってやってみしました。やっぱりコーヒー用のスプーンを一つは持っておくのがいいでしょう。

ちなみにコーヒー豆10gは65粒でした。コーヒー豆の品種や焙煎度によっても変わりますので、あくまで参考程度に。

スプーン1杯の量はメーカーで違う

メリタ、ハリオ、カリタのドリッパーとスプーンわざわざ計ってないけど、ドリッパーを買ったときについてたスプーンを使っている方も多いでしょう。メーカーによってスプーン1杯の量は違います。

  • ハリオ12g
  • カリタ10g
  • メリタ8g

いくつかドリッパーをお持ちの方は、そのドリッパーについてた専用スプーンを使いましょう。

じゃあ、一つのものをいつも使えば同じでしょ?と思われるかもしれませんが、じつはコーヒーは豆によっても重さが違います。

コーヒー豆は焙煎度で重さが変わる

浅煎りと深煎りのコーヒー豆コーヒーは焼けば焼くほど、豆に含まれる水分が無くなって軽くなります。なので、浅煎りは重く、深煎りは軽くなります。色が黒いほど、軽いということです。同じスプーン1杯でもコーヒー豆の焙煎度(焼き具合)によって、じつは重さが違います。

計って淹れるとおいしくなる

コーヒーカッピングの道具私はコーヒー抽出の世界大会で優勝した粕谷晢さんのコーヒーの淹れ方4:6メソッドの「1杯分10g150ml」で淹れています。1杯分よりも2杯分20g300mlでの抽出の方が安定した味わいになるように感じます。世界大会でも20g300mlで淹れられてました。実演会で実際ご本人が淹れた世界一のコーヒーを試飲させてもらったことがあります。「これがコーヒーか!」と思うぐらい別ものでした。

どうしてもその味をもう一度味わいたいと思い、メチャ高い同じ豆を取り寄せて、同じ淹れ方で飲んだのですが、細く湯量を計りながら注ぐ淹れ方なので、同じ味わいになりました。計って淹れるとプロと同じ味が再現できます。

プロであろうと素人であろうと、コーヒー粉、量、水、温度、道具、淹れ方を同じにしたら、同じような味になるよね。物理的な化学反応ですから。

また、コーヒー豆の特徴によって量を増やしたり、減らしたりすると、自分好みの味を再現しやすくなります。コーヒー豆によって「これは2g多い方が好きだな」「今日は120mlでちょっと濃く」みたいなことはよくありますので、コーヒー粉の量とコーヒー液の量を計って淹れると、おいしいコーヒーになるというわけです。

まとめ

計ってコーヒーを淹れると、プロの味が再現できる、自分好みの味に調整できる

私も何年間もはかりを使わずにコーヒーを飲んでいましたが、買って使ってみて「計るとこんなに違うんだ!」と後悔しました。数値化しないと味の違いにも気づけないんです。「なんとなくそんな気がする〜」って、ふわっとした気分で終わってました。

ビター
計って淹れると、コーヒーの味がわかるようにもなるんだね。
今日も寄っていただきありがとうございます。ハリオのタイマー付スケールがおすすめです。

もう1杯おかわりいかがですか

初心者ほど必 【ハリオ】V60 ドリップスケールが世界1のコーヒーの味を再現

2015.10.17

一番美味しいコーヒーの入れ方【プロのハンドドリップ動画10選】

2018.03.25

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


今月は個性的な「ミャンマーのユアガン」です。

ABOUTこの記事をかいた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら