エチオピア/イルガチェフェG-1 ナチュラル(every coffee)

今日のコーヒーは自家焙煎のエチオピア/イルガチェフェG-1 ナチュラルです。
yirgacheffe.jpg
【豆データ】
品名:イルガチェフェG-1 ナチュラル、生産国:エチオピア、地域:シダモ・イルガチェフェ、規格:G-1、スクリーン規格:無し、標高:1,900~2,000m、欠点:~3、精選方法:ナチュラル、品種:HEIRLOOM、収穫年度:2014/2015、その他:爽やかな香り
エチオピアは東アフリカに位置するアフリカ最古の独立国。
アフリカでは、ナイジェリアに次いで二番目に人口の多い国。
コーヒーの原産地だけあって、コーヒーは広く常飲され、
複数の人でコーヒーを楽しむ「ブンナ・セレモニー」という習慣があるそうです。
Yirgae.jpg
「イルガチェフェ」とはエチオピアのシダモエリアの南端、標高2,000mにある村の名前。

「ナチュラル」は実がついたまま天日干して、豆を取り出す精製方法のこと。
品種の「HEIRLOOM」とは、なんだろう。
調べたところ、エチオピアでは半野生での栽培や野生種の収穫が伝統的に行われているそうで、
「品種とかわからん、そこらへんに生えていた木」ということみたい。
コーヒーの原産地エチオピアの野生の木からとれた実を
そのまま天日干しして、取り出した豆。
エチオピアの野生種の伝統的な精製方法。
そう、コーヒーの起源に近いコーヒーを飲んでみたかったんです。
きっと、こんな味だったのではないかと。
ナチュラル精選だからかフルーティーな酸味がさわやかです。
ペーパードリップだとちょっと物足りなさもあるのかも。
次はサイフォンで淹れてみようかなあ。

今日も寄っていただきありがとうございます。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど