ドリップバッグってやっぱ便利?

今日のコーヒーは「スペシャルティコーヒードリップタイプ(セブンイレブン)」です。

連休中、モタモタしてたら豆を切らしてしまったので、コンビニで買ったってだけですが、
こんな立派な箱に入って、1杯分ずつアルミ包装されて、紙フィルターがついて、5杯分がたった、にひゃく何じゅう円ですよ。コストパフォーマンスすごくないですか、、、。大企業すげえなあと、つくづく思うわけです。中身はUCC製造のブラジル、グアテマラ、他のブレンド豆。1杯分140mlが目安です。と書いてますが、コーヒー粉は7.5gなので、薄く感じます。「ドリップバッグ」って味に満足できないから、「ないなー」って思ってたんですが、検索してみると、「お湯さえあれば飲めるので、旅先やアウトドアに〜」と出てきました。そっか、そういう人もいるのか。
「行く先々でコーヒーを飲む」が旅の目的の私は少数派なのね。旅のアイテムとして考えれば「ドリップバッグ」ありじゃね?待てよ、自分でドリップバッグを作ればいいんじゃね?自分で焙煎した豆を出かける直前に粉にして、ドリップバッグに詰めれば、ある程度は味に満足できそうです。
ロケーションを変えて、好きな味が楽しめる。おおお、これは良さそう。よし、オリジナルドリップバッグ作ってみよう!モタモタすんなよってことで。

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる