【COEホンジュラス】ブエナス・ノチェス農園(Voila)

DSCF0170.jpg
今日のコーヒーは【COEホンジュラス】ブエナス・ノチェス農園(Voila)です。
「Voila」さんは国際審査員を務める井上さんの鹿児島のお店。
美味しいコーヒーって何だ? (CASA BOOKS) – で対談されていて、コーヒーの世界ではすごい人です。
スペシャルティコーヒーを飲み続けると
ここ1ヶ月ほどROKUMEI COFFEE CO.さんのスペシャルティコーヒーを飲んでいたら、
自分で焙煎したコーヒーじゃ物足りなくなってしまいました、、、
舌が肥えてしまった、、、どうしよう、、、と悩んだ結果、
「そうだ!もっとおいしそうなコーヒーを飲んでみよう!」ということで
味オンチのボクが味がわかるようになっているうちに
さらにおいしいコーヒーを飲んでみることにしました。
カップ・オブ・エクセレンス (COE )とは
カップ・オブ・エクセレンスとは開催国においてその年に生産された最高のコーヒーに対して与えられます。 称号を授与されるコーヒーは、厳選された国内及び国際審査員であるカッパーによって選ばれ、 審査会のプロセスの中で最低5回のカッピングが行われます。継続的に高得点を獲得したコーヒーのみが審査会の次の段階へと進むことができます。最終勝者は栄誉あるCup of Excellence®の称号を授与され、インターネットオークションで最高値応札者に買い取られます。
さわやかな余韻がものすごく長く続く
ひとくちめ目、正直、わかりませんでした(笑)
「あれ?」って。瞬発的にこれはうまい!ってなるかと過剰な期待でした。
しかし、飲んだ後の口の中に巨峰みたいな爽やかさと甘さがずっと残りますね。
これは、ちょっとまだ私が味を引き出せてないんでしょう。
豆データ
【風味の特徴と印象】巨峰やライムを想わせる甘さと爽やかさの複雑な風味。とろりとした口当たりと長く続く余韻。
【生産国】ホンジュラス/Honduras【生産エリア】エル・パライソ、モロセリ/El Paraiso Moroceli
【農園名】ブエナス・ノチェス農園/Finca Buenas Noches【農園主】マウリシオ・コリドレス/Mauricio Colimdres
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washed【標高】1,300m【品種】パライネマ/Parainema
スペイン語のブエナス・ノチェスとはGood EveningやGood Nightという意味です。モロセリにあるコミュニティの名称で、この地が朝に出発しても夜に到着するような僻地にある為、この名がつけられたとされています。とても美しく小さなこのエリアでコリドレス一族は100年来ひっそりとコーヒーとコーンを生産してきました。マウリシオ氏は幼少時代からコーヒーの生産を祖父と父から学び、時間をかけて高品質なコーヒーの栽培を勉強してきました。彼の人生は家族と農園だけというほど真摯にコーヒーの生産に向き合いながらエンジニアや医者になりたいという子供たちの未来を叶えることができるように最善を尽くしてきました。年に2回程農業技師の指導を仰ぎ、ここ数年は農園の改善を徹底的に行ってきました。グアバやバナナの木をシェードツリーとして植え替え、収穫は塾度の高いコーヒーを摘み取れるように、経験豊富な地元の方々の助けを借りながら行っています。また乾燥場も改築し、こうしてCOEを獲得できるレベルのクオリティを達成する事ができました。
DSCF0181.jpg
ほら、こんなにおいしそうなんですよ。間違いないでしょ。
あとは、オレの問題だ!ということで、引き続き、旅の便りをお送りします。

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。