感想「私はコーヒーで世界を変えることにした」川島良彰

今日のコーヒー本は、「私はコーヒーで世界を変えることにした。」 です。著者の川島良彰さんですが、ガチですやん。本物すぎるわ。コーヒー屋の息子で18歳で単身、南米に留学、コーヒー研究に明け暮れ、UCCのコーヒー農園開発に抜擢され、ジャマイカのブルーマウンテン、ハワイのコナ、インドネシアのマンデリン、コーヒー農園を開拓し、絶滅したといわれていた品種の木をジャングルで見つけ、おいしいコーヒーを求めて世界中を駆け巡る「コーヒーハンター」。まるで小説を読んでいるかのように面白すぎる!コーヒーバカ1代記に乾杯。

今日も寄っていただきありがとうございます。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら