「コーヒーに憑かれた男たち」嶋中労

今日のコーヒー本は「コーヒーに憑かれた男たち 」です。

自家焙煎コーヒー界の御三家
銀座「カフェ・ド・ランブル」関口一郎
南千住「カフェ・バッハ」田口護
吉祥寺「もか」標交紀

コーヒーに人生を捧げたレジェンドたちに迫る一冊です。
今がサードウェーブだとしたら、ファーストインパクトと言える方たちでしょう。
生い立ちや家族構成など、そこまで、、、という情報量でジャーナリストってすごい。
本ってこうじゃ!という情報密度の高さに
気楽なブログ書きにとっては目が覚める思いでした。

今日も寄っていただきありがとうございます。毎度きげんのいいコーヒーブログです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次