ジョージア ヨーロピアン 香るブラック 猿田彦珈琲監修

DSCF0695.jpg
今日のコーヒーは「ジョージア ヨーロピアン 香るブラック(猿田彦珈琲監修) 」です。
桜を撮りに出かけたついでで、久しぶりに缶コーヒーを飲みました。
テイストチャート的に言うと(酸味:1 苦味:0.5)
普段、スペシャルティコーヒーを挽きたて淹れたてで毎日飲んでいるような人からしたら、
薄味で、もの足りなさはいなめませんが、そんなもん比べちゃあいけません。
「いつでもどこでも飲めるようパックされたコーヒー」という条件の高さですから。
缶コーヒーを普段飲まないので、比較したわけじゃありませんが、
酸味を感じる缶コーヒーは初めてでしたし、後味はすっきりしています。
また缶コーヒーを飲む機会があればコレを選ぶかもリピートありですね。
と、缶の表記を見ると原材料:コーヒー(コロンビア26%、ブラジル25%、グアテマラ25%)
ん?他の24%は?
で、「猿田彦珈琲」って?調べてみますと、なんでも東京のサードウェーブのコーヒー屋さんだとか。
監修にあたってを読んでいて、「マウスフィール」「フローラルなフレーバー」というキーワードがありました。
詳しくは「ジョージア ヨーロピアン 香るブラック」HP 
なるほど。確かに口当たりや香りは今まで飲んだ缶コーヒーにはないものでしたね。
コカ・コーラ ジョージア ヨーロピアン 香るブラック 290ml ボトル缶×24本 -
コカ・コーラ ジョージア ヨーロピアン 香るブラック 290ml ボトル缶×24本 –

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら