ダブル焙煎やってみた

コーヒーの本を読んでいると、ダブル焙煎というのが出てきます。
一度焼いた豆をもう一度焼くことのようで、やってみました。
DSCF2496.jpg
昔の喫茶店では仕入れた焙煎豆をフライパンなどで焼いてたなんて話もあるようです。焙煎は進みますが、香りや風味は復活しますね。
DSCF2497.jpg
「グアテマラCOE」シティローストをフルシティローストにしてみました。
お湯を落とした時の膨らみもありました。
味もイヤな味が出てるわけでもなく、普通に飲めました。
やっぱ深煎りもいいなあ。焼きの香ばしさ、スッキリ後味と甘味もあるし。
でもフルーツ感はなくなるんだよなー。
焙煎をはじめた頃は深煎りが好きだったんだけど、
だんだん浅くなって中煎りぐらいになってきたのは、
豆の個性を「かすかなフルーツ感」に感じるからかな。

まとめ:ダブル焙煎、アリですね。
お店で買った焙煎豆で少し味に飽きがきたら、やっちゃおうかな。

今日も寄っていただきありがとうございます。ブログランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 
にほんブログ村 ブログランキング

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。