Artificer Coffeeコロンビア Alto De La Cruz

今日のコーヒーは「standart japan」第13号のサンプルコーヒーです。

オーストラリアのサリーヒルズにあるArtificer Coffeeは日本人バリスタの佐々昌二さんが共同オーナーを務めるお店なんですよ。

コーヒー豆はコロンビア南西部カウカ県に住む生産者Neiver Hernan Medina Rojasさんのコーヒーだそうです。

Neiver Hernan Medina Rojas – Finca Loma Linda
品種:カトゥーラ、カスティージョ、イエローブルボン
精製方法:ウォッシュト
フレーバープロファイル:ハチミツ、ブラックティー、リンゴ

開けて見てみましょう。

状態もきれいですね。甘酸っぱいフルーティーないい香りです。

目次

Artificer Coffeeのレシピ

コーヒー:18g
挽き目:中〜粗挽き
水:300ml
湯温:94〜96℃
抽出時間:3分30秒
ドリッパー:Kalitaのウェーブドリッパー(2〜4杯用)
(詳しいレシピはBrew it like Artificer!

ペーパーフィルターにお湯を通します。

コーヒー粉は中粗挽きにしました。爽やかな酸と甘い香りで青りんごのようなイメージに、やや胡椒のようなスパイシーな香りもありますね。

蒸らしはお湯を40ml注いで30秒。

1投目は140〜180mlのお湯を円を描くように注ぐ、はやめに5〜8秒くらいで注ぎ切る。

水位が下がったらお湯を注ぐ、水位は1投目のMAX時の1センチほど低い位置に保ち、注ぐスピードはコーヒー粉とお湯が撹拌されないようにゆっくり(目安3分30秒)

ウェーブドリッパーは1〜2杯用しか持ってないので、ドリッパーサイズが小さく、撹拌されてしまいましたが、できました。

Artificer Coffeeの味は

ひろ

うまい! まちがいない!
甘みが強いね。フルーツの蜜の味がする!

エアロプレスでも淹れてみましたが、がーんと酸味が強くなりすぎて、甘みがどっか行っちゃったので、これはドリップがおすすめです。

STANDART13号より

今回のコーヒーはコーヒーマガジン「STANDART」の定期購読についてくるサンプルコーヒーなので、13号よりチラッと立ち読みしましょう。

「コーヒーの迷信」と題して、次の3つのトピックが展開されています。

  • カプチーノはイタリア生まれ
  • タンピングには15kgの力をかけるべき
  • エスプレッソは出されたらすぐに飲まなければいけない

そうなんすよねー。エスプレッソ系は、どうかすると都市伝説なみにウソホントがわからないですからね。
特に日本はスターバックス経由で入ってきたので、1回アメリカを経由してるから、またややこしかったりします。

ビター

そんな疑問を正してくれる、ガチ勢の情報がSTANDART

今日も寄っていただきありがとうございます。ちゃんとしたコーヒー情報プラス日本では味わえないコーヒー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる