カフェは雰囲気を、旅は時間を楽しもうinハワイ

お正月ハワイに行ってきました。コーヒー好きの庶民で社員旅行です。セレブではありません。と一応ことわりを入れて、ハワイでの「コーヒー旅」を記事にしていきます。そのなかでお店のレビューをしますが、ざっくりとした味の評価、感想になります。私がコーヒーブロガーとして致命的なのは、基本コーヒーは1日1杯ぐらいしか飲めないんですよ。飲んでも2杯。そんな人が1日に何杯も飲んだので、味の評価はまともに出来ないですよね。でも、「これはないなー」みたいなおいしくない店はなかったので、「記事にしているイコールまずくない」ということです。

1日に何件もまわってコーヒーの味だけをチェックしましたが、こんなのはおすすめしません。わかったんです。カフェは雰囲気を楽しむものだと。人と時間と場所を楽しむものだと思いました。1日に数件も行くもんじゃない。相手にも失礼だし、自分もきついし、コーヒーも、旅もどっちも楽しめないじゃない。ブログの記事を増やそうとし過ぎたなと反省しています。

それでも予定より店を減らしたんですけどね。旅行会社の人が「だいたい日本語通じるよ」って言ってたから、安心してたら、まあ通じねえんすよ。初日にハンバーガー屋でBLTとコーヒーを頼んだら、クリスピーチキンがトッピングされて、コーヒーシェイクが出てきたぐらいだから。「オレの英語力じゃ無理だな」って、初日にわかったんで、予定を大幅に下方修正したんです。

しかし、オレの英語通じなかったなー。注文する度に改良を加えて、日本語的な「ホットコーヒー」から、かなりネイティブな「ハァットカッフィー」まで進化したんですが、最後まで「ん?何かな?」って顔されちゃったよ。オーダーの仕方はリサーチと練習をしとけばよかったな。

あと、アウトレットモールでトイレから出たら現地の掃除のおばちゃんが大騒ぎしてて、どうもオレに対してなんか言ってる。近づくと「メ~ン?」って言うわけ。長髪で小柄なので「女の人が男子トイレに~」ってコトだったみたい。「メン」って答えたら爆笑され、さらに「ボ~イ?」って聞いてくるから、「ノーボーイ。フォティートゥーイヤーズオールド」って言ったら、さらに笑う笑う。ハワイで笑われ少し凹むヤツ。

ま、そんな性別も年齢もよくわからない謎の東洋人に笑顔で接してくれたハワイのカフェの人たちに感謝です。

今日も寄っていただきありがとうございます。そんなカンジでとりとめなくはじめやす。

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。