コーヒーの麻袋が欲しい!キャンプやインテリアにも使える

コーヒーの麻袋は50キロの生豆を入れて運ばれます。容量があり雑に扱っても丈夫な袋なので、ガーデニングやキャンプなどに再利用できるシーンも多いでしょう。また、いろんなデザインがあり、インテリアやバッグなど、リメイクしてもオシャレですね。ただ、その場合は臭いが気になるかも、ほつれやすいので洗い方はちょっと注意です。アマゾンでも売ってもいるし、自家焙煎しているコーヒーショップによっては、麻袋を無料でもらえるかもしれません。

麻袋の使われ方と特徴

大型で丈夫な袋という性質から、穀物、農産物や郵便物を入れたり、土のう作りの材料などに使われています。私の勤め先でも紙ゴミを入れるのに使っています。建築工事においては資材のクッション代わりに使う例もあるとか。コーヒーの麻袋には50、60キロの生豆を入れて運ばれます。(参照

丈夫:手鈎でひっかけても破れにくく、繰り返しの使用や乱暴な扱いにも耐える。
安い:大量に流通しているので、使用済み袋は安価に購入できる
通気性がある:農作物の変質を防げる。
天然繊維:環境負担が低く、石油工業が発達していない地域でも作れる。麻繊維は毒性がなく、穀物、豆類のバラ詰めにも安全に使える。

ドンゴロス、マタイ

麻の繊維を編んで作る袋を「ドンゴロス」といいます。語源はdungaree(ダンガリー)がだんだん変化していってドンゴロスになったそうですが、変わりすぎやろ。コーヒー豆を入れるものは「マタイ」とも呼ばれます。

1枚の大きさ

サイズ:幅75cm×長さ90cm
重さ:約500g
容量:生豆50~60kg

再利用

キャンプでゴミ袋にしたり、ガーデニングでプランターにしたり、部屋のインテリアとしても使われているようです。私は部屋にゴミ箱として置いています。ちょっとデカすぎますが。コーヒー麻袋で画像検索すると、コースター、クッション、バッグ、帽子などが出てきました。DIYでリメイクするのも楽しいと思います。本物でなければ、手帳や本、ノートやステーショナリーを入れたりしてそのままバッグにしてもいいですね。

臭い

コーヒーの麻袋は独特の臭いがあります。麻の臭い、生豆の臭い、石油みたいな臭いが混ざっていますので、リメイクして使用するなら、天日干しするか、1回洗うかして、下処理をしましょう。

洗い方

洗濯機に入れちゃうと、麻がほどけて、印字が消えることがあるようです。バスタブに水をはり、シャワーで軽くすすぐ、少し洗剤を入れる、裏返して押し洗い。軽くすすぎ、水を取り替えてつけ置きを2~3時間繰り返すそうです。干す時もほつれやすいので、吊るさず掛けておくのがいいでしょう。(参照

どこで買える

私は自家焙煎をしているコーヒーショップで買いました。売っているぐらいだから、臭いも汚れもない比較的状態のいいものでした。値段は忘れましたけど、1枚1000円してないんじゃないかな。楽天やアマゾンにもあります。

ダイソーや東急ハンズで

本物でなければ、小さいサイズの麻袋があります。小物入れやギフト袋としても使えます。で、私はコレに生豆を入れています。1、2キロ程度の量ぐらいなので、大きさがちょうどいい。

麻袋のトートバッグ

コーヒーの麻袋を使ったトートバッグもあります。バッグに使うには麻の耐久性、防水性や臭いなどのマイナス点を補うように、透明のラバーコーティングされているので、安心です。使用されていた本物のコーヒーの麻袋を活かしたデザインになっているので、全て1点もの。オンラインショップでデザインがいいものは即完売になります。ウォッチしてて「コレ」と思ったら、すぐ注文ボタンを押すようなカンジでゲットしました。
Kissaco(キッサコ)

まとめ

いかがだったでしょうか。コーヒーの麻袋はいろんな国のいろんな農園のものがあるので、デザインが豊富でおしゃれですよね。輸送用に書き込まれた手書きのマジックの文字がまたかっこ良かったりします。インテリアで目隠しに使うのもいいですし、実用的な使い方もできますので、持ってたら何かしら使えます。

今日も寄っていただきありがとうどざいます。コーヒーの麻袋でほぼ日手帳のカバー作ろうかなって思いついてしまった。


今月の自家焙煎コーヒー

ブルーマウンテンを半分ブレンドした「JAMAICA MIX」販売中


ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら