インスタ映えするおいしいコーヒー写真の撮り方【初心者編】

写真がいいねとブログを見た方から、ほめてもらうことがあります。私は大学の芸術学部写真学科を出て、広告写真スタジオに就職したこともあり、ちょっとかじりました。でも、全然ダメダメでしたし、不勉強で今も基本オートで撮ります。

それでもブログで撮り続けていると、コーヒーの写真なら多少は良くなってきたので、カメラ初心者でもすぐに実践できる「おいしく見える飲み物の撮り方」を考えてみました。

料理写真の撮影の基本は4つ。「位置・ボケ・動き・光」を意識するだけで、かなり違う印象になるよっていう話です。

カメラの位置

まずはどの角度から撮るかですね。誰もがカメラを手にしたとき、最初に色々やってみると思いますが、撮るときに抑えておきたい3つのポイントと効果をご紹介します。

斜俯瞰

料理写真の定番の斜め45度の角度。テーブルの上にある食事を見る普段の目線の高さです。違和感なくナチュラルな写真になりますね。

ローアングル

カメラを低い位置で構えます。普段は目にしない角度なので、印象が変わりますよね。最初の写真と比べて量が多く、味もコクがありボディが強いような雰囲気です。迫力とボリューム感が出ます。マクドナルドのハンバーガーはこの角度で撮ってますね。

俯瞰

真上から撮ると、立体感がなくなり、ぺたんとしたフラットな写真になります。配置が難しく、難易度高めですが、うまく並べられるとセンスのある洗練された印象にもなります。フランス料理の写真なんかでありますね。

ボケぐあい

カメラには「絞り」という機能があります。絞りで光の量を多くするか、少なくするかで、ボケぐあいが変わります。これを数値化したものがF値です。カメラのレンズかデジカメの「AV」モードで、F値の数値を大きくすれば全体がくっきり写り、小さくすればボケ感が強くなります。

下の写真は【F16】で撮影しました。遠くにある物も近くの物も全体的にはっきりしていますね。非常に現実的なリアルな写真です。オートで押すだけのデジカメやスマホではこういう風に写るのが多いかな。

次に数値を小さくして撮ってみます。

【F2】で撮影すると、マグカップの手前のフチ以外はボケてますね。今まさにコーヒーを飲もうとしている気持ちが感じられませんか。このようにピントの幅が狭いと、現実の目で見ている見え方ではなく、自分が感じている心を映しているような写真になります。

動きを加える

写真に動きのあるような偶然性があると「おっ!」と目が止まるポイントができます。風が吹いて桜が散ったところとか、飛んでいた鳥が偶然映ったとか、写真の中に何かしら動きがあると、印象が変わります。

置いただけの動きのないコーヒーカップは静的で穏やかな時間が感じられますが、

マドラーで混ぜて、動きをつけると、

全然違う写真になるというのがわかりますよね。ちょっと大げさにしたので、不安感が出ちゃいましたが、いい写真かどうかは置いといて、印象は別物だよということです。

光と影を入れる

カメラのファインダーをのぞくと、写す対象物にばかりに気がいきがちですが、一旦引いて全体の光を意識してみましょう。どういう光が当たっているか観察して、写真の中に光と影ができるように撮ってみましょう。

下の写真は日光が当たらない場所で撮影しました。フラットな光の状態で悪くはありませんが、のっぺりとしていますね。

では、日光が当たる場所で撮影すると、

同じ物、同じアングルでも光と影があるだけでドラマチックに変わります。光が当たる最も明るい場所をハイライト、最も暗いところをシャドウと言います。人間の目の性質は、まず明るいところに目がいきます。明るいところから、暗いところに目線が移動します。最初に目がいくハイライトをどこに当てるかを意識して撮ってみましょう。

まとめ

それでは「位置・ボケ・動き・光」4つを組み合わせて撮影してみましょう。

ひろ
うーん、もっと奇跡の1枚みたいなのを撮りたかったんですが…そう簡単じゃないっていうのがバレた。まあ、ギリギリお手本になるかな~。プレッシャー弱いすね。この日は曇りで光が不安定だったんですよ(言い訳)ちょっとてんこ盛りすぎたかな
ということで4つポイントを紹介しましたが、
特に大事なのは光です。

写真は光!光を記録する!

プロの写真が違うのは、写したい物にどういう光を当てるか。光の演出が非常にうまいんです。光を意識するだけで写真は見違えます。

インスタなどで「おっいいね」と思う写真を分析してみましょう。いい光が映っていませんか。もしくは、位置・ボケ・動きのいづれかの要素があるでしょう。

よく逆光はダメと言いますが、気にせず、どんどん撮ってみましょう。逆光で撮ってみると、光の効果が高いとわかります。うまくいく場合もあれば、そうでない場合もありますが、ダメモトで色々やって回数を重ね、カメラの知識や撮影テクニックなどをちょっと知って、繰り返して、撮った写真を見て楽しいって思う気持ちが一番です。

ビター
で、どういうカメラを使えばいいの?

使っているカメラ

FUJIFILMのX100という10年ぐらい前のカメラを使っています。発売してすぐ定価13万円で買いました。今の後継機は比べ物にならないぐらい操作性が上っているらしい。いいなあ。

「なんだ、いいカメラ使ってるじゃん」って思われたかもしれませんが、まだ子どもが小さかったので、かわいい姿を残すために一大決心の地獄のローンで買いました。高性能な機能は、ほぼ使用していないので、ブログ用のカメラであれば、絞りを変えられて、もっと小さくて外出時にポケットに入るようなヤツが欲しい。

おススメのカメラ

カメラを買う時のポイントは絞り。F値が小さくボケの効果が得られるコンパクトなカメラRX100シリーズがおすすめです。シリーズの最新モデルは13万しますが、7年前の初代がギリ3万円代になっています。ベーシックな性能とスペックはほぼ同じなので、今でも十分使えます。一眼レフを使うカメラマニアもサブ機に持ってる名機ですからね。これ最高にコスパいい。

今日も寄っていただきありがとうございます。GW前にただのカメラ欲しい欲しい病。

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。