コーヒーのフルーティー問題の真相

よくコーヒーショップに「白桃のような~」「マンゴーみたいな〜」っていうコメントを見かけますよね。でも一口飲んで「おおお、桃みたいだ」ってねえわ。ということを「コーヒーのフルーティー問題」として以前とりあげました。しかし、コーヒー抽出世界大会のチャンピオンが淹れたコーヒーを飲んでからは、そういうのもあるとわかりました。ただ、それは「ゲイシャシルビア」などの浅煎りの一部のスペシャルティコーヒーに限ってです。

しかし、浅煎りでもない、深煎りのコーヒーなんかでもそのように書かれているのを見かけます。

なぜあのように書いてあるのか?

本当にそういう味を感じているとしても、それはほんのわずかな味覚であって、本当にかすかにだろ。と長年の疑問でした。しかし、今週やっとその答えがわかりました。

そう書かないと売れないから

ブログをやっていると、味を文字で表現する難しさの悩みがあるのですが、1つだけ気をつけていることが、あります。

正直に書くこと

思ってもいないことは書かない。ウソを書かない。わからないことは「わからない」と言う。

これは糸井重里さんの影響です。糸井さんがほぼ日の母となった本として紹介していた『信頼の構造: こころと社会の進化ゲーム』には「正直は最大の戦略である」ということが書かれてあるので、正直に書こうと、ずっと気をつけてきましたが、

先週、自家焙煎コーヒーを「ふつうにウマい」って、書いたら、まあ売れないんですよ。

当たり前か。それは表現力無さすぎ!ってコトよね。むずかしいなあ~。メキシコいい豆なんだけどなあ。あまりにも優等生すぎて、もうこれ以上書ききらんなあ。

今月の焙煎コーヒーは「メキシコ/SHGクルスグランデ中煎り150g送料込み1000円」
予約受付中。ご希望の方はこちら

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら