氷で冷やす!水出しコーヒーメーカーCOLD BREW COFFEE MAKER

アイスコーヒーの季節です。アイスコーヒー専用のコーヒーメーカーをAKEEYOさんよりご提供いただきました。ありがとうございます。「 Aoncia  」という家電ブランドになります。こちら一言でいうと、

ひろ

ボタン一つで15分後に冷たい水出しアイスコーヒーが飲めるマシーン登場

アイスコーヒーってめんどくないですか。特に水出しコーヒー時間かかんだよね。あのタイムギャップでリタイヤしてませんか。ぶっちゃけ私もブログやってなかったらギブです。やんねえっす。それが15分で冷たいアイスコーヒーにしてくれるならアリだなと思いました。

実際使って、特長チェックして、飲んでみて、メリットデメリット、まとめ感想となります。

ブログで毎年、様々なアイスコーヒーを試作してきて、アイスコーヒーには1言も2言もあるコーヒーバカが、提供レビューなのに、忖度なしで、感じたままにぶっちゃけます。

ビター

夏にアイスコーヒーを飲まれる方は参考にしてください

目次

スペックとサイズ感

スペックとサイズ感チェックしましょう。

サイズ:高さ28× 直径10cm
重量:  約970g
素材 :サーバー強化ガラス
容量: Max:600ml、MIn:400ml
CB01 バッテリー 2500mAh 入力
電圧:DC 5V/2A
作動時間:2~3時間(満充電時)
モード:15分/30分/45分/カスタム
ケーブル長:約1m
内容品:本体、ガラスサーバー、USB Type-Cケーブル、日本語取扱説明書
公式サイト:https://www.akeeyo.co.jp/products/cold-brew-maker

ポットタイプで ですね。 サイズ感としては大きくもなく、小さくもなく、まあでもコンパクトな方じゃないでしょうか。

使ってみた

400mlで使ってみます。コーヒー粉を27g入れます。

説明書によると、深煎りの細挽き推奨です。で、コーヒーと水の割合は1:15です。

深煎りのコーヒー中細挽きぐらいにしました。

一番下の黒いパーツにコーヒー粉を入れます。

で、中間の透明のところに氷を入れます。氷の量は容器の3分の2ぐらいにしてね。

で、水400mlを入れる、目盛りがあるので、ここまでだよ。

セットして、電源を入れてモードを選択して、スタート。

まずは15分間抽出で、いってみましょう。

その間にそもそも論、水出しコーヒーを知らない方のために補足すると、アイスコーヒーって作り方が主に2種類あって、コンビニのアイスコーヒーは「急冷式」お湯で抽出してホットを氷で冷やすんだけど、水出しコーヒーは、水でコーヒー成分を抽出する。

水出しコーヒーは熱がない分、苦味雑味が少なく、すっきりクリアで、かつ、まろやかな味わい。

味はいいけど、作るのに漬け置きだと8時間ぐらいかかる。ドリップだと2~3時間かかる。

「時間がかかる」というデメリットを解消したのがこのコーヒーメーカー。

▼詳しくはMakuakeにて
https://www.makuake.com/project/cold_brew_maker/Makuake

特長チェック

特長チェックしていきます。

●何時間もかかる水出しコーヒーがたった15分で作れる
●好みにあわせて抽出時間を選べる
●氷を使う
●できあがったコーヒーをそのまま注げる
●USB電源

一番肝心などういう原理で「短時間」にしてるの?

説明書に明記されていないので、実際使ってみないとわからない。一緒に見ていきましょう。

水位が上がったり下がったりしてますね。

おおおお

空気を出したり、吸引したり、してるみたいですね。

できました。

見た目は、やっぱり漬け置きタイプの水出しコーヒーですが、コーヒーオイルがかなりでてますね。

色を見る限りはちゃんとコーヒーが抽出されていそうな感じですね。

とはいえ、コーヒーは飲んでみるまでわからない。

水出しアイスコーヒーメーカーの味はどうなんでしょう。

飲んでみた

ひろ

おおお、冷たい水出しコーヒー!

冷たい状態で出来るってすごくないですか。

ホットのコーヒーメーカーでもアイスモードとかあるけど、氷で冷やすのは自分でやってください。じゃないですか。

ビター

これは氷が溶けるぐらいまで接触を繰り返して冷やしますから、なかなかすごいっすよね。

味わいは結構複雑系、甘みも酸味も苦味も雑味ももろもろ。全部出ちゃってる感じ。

メリットデメリット

【デメリット】
・粉っぽい
・量
・価格

まず、ステンレスフィルターなので微粉は混ざります。水質的に粉っぽいっていうのはあります。あと、かなり攪拌されるのは少し気になりますが、ま、味が出ないよりいいかな。

微粉が苦手な人はペーパーフィルターで濾しちゃうのも一つの手です。

うんスッキリして、水出しコーヒーの甘みを感じやすいし、コーヒーオイルも残しつつ、コクもあり、こっちの方が私は好きな味わいです。濾しちゃえ濾しちゃえ。

次に抽出量ですね。400~600mlできますよっていうのは個人的には十分ですけど、レンジせまいかもって感じました。人によっては、400もいらんわ。って人もいるでしょうし、もっと作り置きしたいみたいなニーズあるかもねー。っていうので、微妙なラインかもね。

ビター

でもお高いんでしょう?

箱に明記してあるのは、24000円。

さすがにこれはちょっと高いかな。クラウドファンディングで先行発売があるので、検討される方は、このタイミングでゲットしておくのがいいでしょう。

ひろ

Makuakeにて先行販売あり!早割でゲットしたほうがいいね

▼詳しくはMakuakeにて
https://www.makuake.com/project/cold_brew_maker/Makuake

【メリット】
・15分でできる
・冷たい
・片付けやすい

水出しコーヒーが15分でできるというのはすごいですね。水位が上がったり下がったり、徐々に色が濃くなっていく様子がわかる。見える化してるのもポイント高いですね。

冷たいアイスコーヒーが出来るっていうのもポイントですね。計ってみたら16度でした。氷を使って冷やすので、見た目的にも涼し気でいいですね。

後片付けもコンパクトでいいですね。この黒いパーツにコーヒー粉が入ってるので、ここを外して、ポイっとすれば、あとは一緒に洗えばよし。コーヒーオイルが出てるので、中性洗剤で洗ってね。

まとめ感想

総合得点は高い

ひろ

全体的に使いやすいと思いました

使用感OKです。
味もしっかり出してくれます。
氷で冷やしてくれます。

ビター

ボタン一つで15分後に冷たいおいしいアイスコーヒーが飲める。ってすごくね?

特に冷やしてくれるのがすごい。

一般的に飲料水としてヒトがおいしいと感じる温度っていうのがあって、10〜15℃と言われているそうです。

まあギリこの範囲ですし、それが自動で飲めますよ。ってことですから、なかなかやるなあ。

アイスコーヒーのいろんな作り方試してきましたけど、そのなかで総合得点高いって感じ。

「アイスコーヒー飲みてえ」ってなったら、氷で冷やす水出しマシーンのこれが選択肢の上位にきますね。

ラクかつ味かつ時間、手軽さ後片付けなど、もろもろ考慮してコレ。

USB充電式なので、場所も選ばないので、テラスとかでも使えていいな。

量はたくさんいらん、今すぐ冷たいアイスコーヒーが飲みたい人におすすめ。

今日も寄っていただきありがとうございます。15分でできる冷たい水出しアイスコーヒーメーカーというお話でした。

▼詳しくはMakuakeにて
https://www.makuake.com/project/cold_brew_maker/Makuake

公式サイト:https://www.akeeyo.co.jp/products/cold-brew-maker

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次