COSORIコーヒーグラインダー!コーヒー豆を大量に挽くならこれ!

COSORIさんからご提供いただきました。ありがとうございます。

COSORIはアメリカの上場企業VeSyncウィーシンク傘下のキッチンブランドで、アメリカで創業し、世界43カ国・地域で販売されている人気のグローバルブランドで、東京にも事務所があるそうです。

コーヒーグラインダーこちらをレビューしていきます。

は?プロペラ式やねーか?お前ディスっとたヤツやん?忖度か?企業の犬か?

って思うじゃないですか。イヤ本当断ろうかなって思ったんですけど、今回はプロペラの認識を改めさせてくれる商品でした。

これだけ先に言っときましょう。

「70gが瞬殺で挽ける魔法のようじゃ」

目次

開封

結構パーツが多いですね。ブラシ、替えのパッキン、ふたが2個で、本体の大きいフタ。四枚刃と二枚刃、本体、説明書

もちろんコーヒーグラインダー仕様でいきましょう。

まず、本体にこの2枚刃のやつをつけます。で、ここにロックがあるので、ここに押し込んでカチッとなったね

で、大きい蓋を上から被せますと、これも同じようにここにロックがあるので、カチッと。なるほど、これで挽くということですね。

ロック位置がちょっと分かりづらいですね。

で、挽き終わって、これを取って、中のこれも取って、

このままふたをして、まあ簡易的に保存できるという感じか。なるほど、なるほど

で、後ろにコードを巻きつけられるようになってて、滑り止めのゴムもついてますね。

容量:70g
コードの長さ:1m
サイズ:W10.2×H19.3cm
重量:766g
安全ロック、過熱保護、保証2年
※連続使用1分以内

使い方

この手のミルはねー。なれてないので怖いんすよね

使ってみましょう。大きいので、20g挽いてみましょうか。

ちょっと怖いんですよね。ではスタート。おおおお

え、一瞬じゃねえ。すごくね。ちょっと待ってこれはいいんじゃない?

まあ大きい粒もあるけど。あの一瞬でコーヒー豆20g をここまで挽いてくれるって。これはすごい。慣れたらもうちょっと細いところで挽き目をならせそうですけどね。

家庭用ではこれすごくいいですね。

プロペラ式のコーヒーグラインダーをディスってきましたけど、今回認識を改めざるを得ないという感じですね。

やっぱこの大きさがいいんですかね。一瞬で引き終わるっていう。

あとこのカップが外れる。これポイント高いです。これで使用感が全然違う。

これはちょっと魅力なんじゃないですかね。

しかも、連続1分可能っていうことだし、この大きさなんで70gいけるんすよ。

たまにね。そんな用途でコメントいただくんですよね。アイスコーヒー用に80g挽きたいんです。みたいな、もうその用途だったら、これでいいんじゃないですかね。

そんなにね。精度を求めなければですね。日々の使用感を優先するのであれば、このコーヒーグラインダーはアリですよ。

さっきは結構ビビって短い時間だったので、まあ、大きい粒も混じってたんですけど、挽く時間を長くしてあげれば、細かくなってくるんで、細挽き寄りであれば、使えそうな気がしますね。

1度に70gを細挽きにしたいっていう用途であれば、選択肢としてアリでしょう。

70g挽いてみた

やっぱ気になりますよね。70g挽けんの?どれぐらいで挽けるの?

やるしかねえか。

コーヒー豆70g用意しました。

普段1~2杯分しか挽かないので、結構な量ですよね。

はいでは中に入れてセットしてスタート!

すご!これはすごい!やっぱ瞬殺、で、音も気にならない。

すげえな。チェックしましょう。

ははは~ん、いいんじゃね。なかなかいいんじゃね。

 ■COSORIのコーヒーミル 電動は220Wのハイパワーモーターを搭載。

1分間に31000回の高速回転で、たった10秒でコーヒー豆が挽き上がります! 

従来の電動ミル コーヒーより20%のスピードアップ。

■独特な形状をしたブレードとグラインディングボウルにより、一般的なコーヒーミルと比べると、粉末がより均一、コーヒーがより美味しい。

確かに!これはプロペラミルの認識を変えざるを得ないでしょう。やるなCOSORIすげえ。

メリットデメリット

デメリット
・挽き目があいまい
・慣れがいる
・ロック位置

まずプロペラのデメリットは挽き目が設定できないところです。挽く時間の長さでだいたい

で細くなるっていうので、やっぱ慣れとコツはいるのかな。

で、ロック位置がちょっとわかりづらいです。ロックに入ってなくて途中で止まったりしました。ま、これも最初だけの話です。

で、微粉をここに挙げなかったのは、微粉少ない気がします。ちゃんと粒になってんすよ。私が持ってる3000円のプロペラはもっと微粉がすごかった印象です。

メリット
・瞬殺
・大量に挽ける
・2年保証

とにかく挽く時間が短い。瞬殺です。でいて、1度に70gが挽けます。これはすごい。で、この手のミルは構造が単純なので、寿命が長いようです。プロペラ電動を40年近く使ってます。というコメントもいただいてます。この商品がどうかわからないので、2年保証ってところにしておきます。

まとめ感想

70gが瞬殺で挽ける魔法のようじゃ

大量に時短で挽きたい人にはアリです。

アイスコーヒー用にとか、2・3日分まとめ挽きとか、

あと、ボタン押しながら振るだけなので、女性にも使いやすいでしょう。

やっぱCOSORIさんはファミリー用ってカンジですね。

一般的なご家庭で豆挽いて飲むパパママって感じでしょうか。

コーヒー趣味おじさんとしては、精度的に物足りないんですが、

ただ、この単純なプロペラ構造でなんで違いが出るんだろうっていうのと、

瞬殺で挽くっていうので、興味深い商品です。

微粉検証とか、構造の考察とかは、またの機会にします。

コーヒーグラインダーでしか使ってないので、だいぶ端折ってます。

4枚刃で、にんにく、しょうがとか、キッチンミルとして使えるんすよ。

詳しくはリンクからチェックしてください。

プロペラミルの認識を覆すCOSORIコーヒーグラインダーというお話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次