モカポットとは?クレマができる「クレミウ」の使い方、おうちでエスプレッソ!

モカポットってご存じでしょうか。直火式のエスプレッソの器具なんですが、実は私MPDTでして、あ、モカポット童貞なんですけど。

エスプレッソ自体が、そんなに味がわからないっていうのもあって、ズルズルと来てたのですが、こちら「クレミウ」をご提供いただきましたので、モカポットデビューさせていただきます。

ひろ

結論、初めてでも泡あわクレマのエスプレッソをおいしく飲めました

ビター

まずは、そもそものモカポットとはからいきましょう

目次

モカポットとは

イタリアで生まれた少量の濃いコーヒー、エスプレッソを直火で抽出する器具です。

器具の下に水が入ってますと、コーヒー粉を入れたバスケットがその上にあります。
火にかけると、内部の圧力が高まり、お湯が上がってきて、
コーヒーと接触して、フィルターを通過して、上からコーヒー液が出ます。
という仕組み。

マキネッタとも言います。器具としてはイタリアのビアレッティ社の「モカエキスプレス」という商品が有名ですね。

で、今回ご紹介するのはこちら。

クレマたっぷりのエスプレッソ「Cremiu」クレミウ

ツイッターからオファーいただき、ご提供いただきました。クラウドファンディング「マクアケ」に出ていた、その改良版がキャンプファイヤーに登場します。こちらにリンクしときます。

モカポットの常識を超えたクレマたっぷりのエスプレッソが抽出できます!
小型で簡単!電気不要でキャンプやビーチでも活躍!
手軽にエスプレッソを淹れて、アレンジコーヒーやラテアートに挑戦しませんか?

モカポットでクレマを作る圧力を出せるように改良しました。通常のモカポットでは高い圧力は出ないのでクレマは殆どありませんが、Cremiuはクレマのエスプレッソが抽出できる新型モカポットです。

エスプレッソに浮かぶきめ細かい泡を「クレマ」と言うんですが、豆の油分やガス(二酸化炭素)でできて、エスプレッソにまろやかな印象を与え、クレマがあるエスプレッソが一般的においしいと言われています。

クレマを作るには、何万円、何十万ってする高価なエスプレッソマシンで圧力をかけないとできないんですが、このクレミウはモカポットで「そこやっちゃおうぜ」って商品。

高い圧力でコーヒーを抽出すると、溶け出す成分がドリップより多く、違う味わいが楽しめます。

構造

クレマができる仕組みは、蒸気圧の調整バルブが煙突部分にあり、通常はバネの力で弁が閉じています。

ポットの水が加熱されると容器の中で膨張し、高まった蒸気圧でバルブの弁が押し上げられ、サーバー部にエスプレッソが抽出されます。

ひろ

コーヒーが出る前に圧力弁をかませてるってことですね

ビター

ではクレマができるモカポット「クレミウ」使ってみましょう

使い方

①ポットに80ml水を入れて、バスケットをセット
(安全弁以上に入れすぎないように注意です)

②約18gの豆を入れて平らにならす

コーヒー粉は極細挽きだそうです。タイムモアの C 3で7クリックでいてみましょう。

(平らにならす程度で、強くタンピングはしなくていい)
(はみ出たのはきれいにふく、密閉して圧力が逃げないように)

③上部と結合
(ここもきっちりぎゅっと締めないと圧力がかからないらしい)

④弱火で5分程度加熱
(※弱火でジワーっと加熱して蒸気を発生させて蒸気圧を加える)蒸気の力を貯めて、押し上げる。産業革命ですね。

水がすぐ沸騰してボコボコって上に上がると、泡ができない。

⑤火を止めてカップに移す
(もう出たらすぐ移していいそうです。火にかけたままだと泡がなくなっていくから)

モカポット飲み方

できました。クレマのエスプレッソですね。

エスプレッソなので、基本砂糖を入れて飲むそうです。

ひろ

うまい!
濃縮ですね。このコーヒー粉の量から抽出される深い味わい

数年前マシーン式のエスプレッソから脱落して、ネスプレッソでいいや。って状態でしたが、
やっぱ全然違うな。

たしかにこの濃厚な味わいだったらクセになる。エスプレッソのおいしさに目覚めかけてますね。

エスプレッソのおいしさがようわからんって人こそ、モカポットから入るといいかも。いきなりマシーンから入るんじゃなくて。

ビター

マシーンより簡単で、初めてでもクレマのエスプレッソでおいしくできました

モカポットで淹れたコーヒーはミルクとの相性がよく、カフェラテにもいいそうです。

モカポットの注意点

ただ、モカポットの注意点あります。モカポット童貞なので、使ってわかったへーってポイント3つあげます。

・コーヒー通し
・すぐ片付けろ
・水洗い

まずモカポットって素材がアルミです。それによって注意点があります。

アルミはイオン化傾向が強い金属です。水と反応しやすい。酸化されやすく溶解しやすいってこと。だからアルミは金属臭がしやすいんだって。

なので、初めて使うときは何回かコーヒー通しが必要です。それで鉄臭さを取ってねと。

3回ぐらいは飲まずに捨てるぐらいの感じで、お試し用に古い豆とか安価な豆を使いましょう。私は撮影のリハもかねて4回コーヒー通しをしました。

で、使ったあとはすぐ洗え。放っておくと、ここでもアルミの酸化が進むよ。腐食するで。

最後、洗うのは水洗いです。洗剤は使わない。食洗器もNGです。

なんでかというと、洗剤を使わずに洗うことによって、コーヒーの油分で、素材のアルミをコーティングして金属臭を防ぎます。

使い込まれたモカポットが美味しくなるのは、金属臭がしなくなるからでもあるそうです。

また、食洗器の洗剤の種類によって、アルカリ性が強いと、変色して真っ黒くなるよ。

モカポット使ったことないって人には、こういった注意点あります。シェアしておきます。

まとめ感想

初めてでも泡あわクレマのエスプレッソがおいしく飲めました

クレマを作るにはちょっと慣れはいるかな。

ポイントは火加減ですが、「コーヒー通し」をしないといけないので、その間に火加減のコツをつかんでねと。特にカセットコンロだと、どれぐらいの弱火かがわかりにくいので、その分慣れはいるかな。

弱火でジワーっと加熱して蒸気を発生させて、蒸気の力を貯めて、押し上げるってイメージ

圧力弁の調整は最後の微調整だそうです。

強く締めすぎると上から出ず、下の容器の安全弁から蒸気を逃すように働いて、ピーって音がします。ビビります。これは圧力かけすぎ。

直火式のエスプレッソ自体が初めてなので、この商品「クレミウ」が他と比べてどうかって話はできないんですけど、初心者でも全然かんたんにできました。

ひろ

もうちょっと慣れて、微調整していけば、もっとクレマ感を出せそう

ビター

詳しくはクラウドファンディング「キャンプファイヤー」をチェック

クレマのエスプレッソができるモカポット「クレミウ」使ってみたという話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次