delimo コーヒーミル臼式電動コードレスでこの価格かよ

低価格の電動コーヒーミルで、ついに臼式のコーヒーミルが出ました。今まで3000円ぐらいで電動のミルっていったら、プロペラタイプしかなかったんです。
プロペラ式は微粉が多く、粒がそろいにくいので、おすすめできません。基本コーヒーバカはプロペラミルは使いません。

ということで、デリモdelimo臼式電動コーヒーミル¥2980をコーヒーバカが自腹購入でチェックしていきます。

ビター

結論:とにかく電動で安いのがいいならコレ1択

ひろ

なんですが…個人的には手動を使うよ~

低価格の電動コーヒーミルというくくりの中では、これしかない。
なんですが、実際使ってわかった、気になる点も結構多かったので、私は手動をおすすめするスタンスです。
コーヒーミル検討中の方は最後まで見て、要検討してほしいです。

まずスペック見ていきましょう。

目次

スペック

サイズ:高さ18.5 × 直径 7.3cm
素材‎:プラスチック
重量:400g
容量‎:25g
消費電力:13W
電源:リチウムバッテリー電源(USB充電式)
中国製

サイズ感としては、700mlぐらいのボトル容器って感じ。

開封してて、気になったのが、ん?なんかにおうぞ。ってところ。本体が若干においますね。新車の車のなかみたいな、ちょっとケミカル臭があります。ま、におい自体は弱いので、そのうちとれるでしょうってレベル。ですが、敏感な方のために一応お伝えしておきますね。

構造

各パーツをチェックしながら分解してみましょう。

まず粉受け、ミル歯のホッパー部、モーター部の本体の3つのパーツに分かれます。

で、分解していきましょう。

あっこれ結構パーツが細かそう。コレやべーやつやん。ちょっと慎重にバラしていきます。

まず調整ネジ、臼歯、臼歯の留め具、スプリング、ワッシャー、回転軸抜いて、プラの留め具、で、やっとホッパー、回転軸もバラせそうだけど、もうこれはこのままにしときましょう。

これ水洗いOKか?大丈夫?よく乾かしてねって感じですよね。コワー

内歯も外歯も一般的な臼式のセラミックタイプですね。大きさもハリオの手動セラミックミルと同じです。

挽き目調整は歯の下のダイヤルですね。反時計回りで、ゆるめて粗くなって、時計回りで、しめて細くなる。

特徴

全世界で圧倒的な人気!工場出荷台数40万台の実績!
Delimo電動コーヒーミルの特徴6つのポイント
・ボタン一つで操作
・コードレス
・粒度はダイヤル調整
・臼式セラミック刃
・水洗いOK
・USB充電

アマゾンで見ると、実は2種類あって、臼式とプロペラ式があります。冒頭で言ったように臼式の話です。
¥2,980のほう下が透明のストッカーになってる方が臼式ですね。間違えないように。

では、実際使っていきましょう。

使用感

コーヒー豆、中煎り10gを中挽きで挽いてみます。

歯の調整ネジで挽き目を設定します。
一番閉めた状態から半周、0.5周でいきましょう。

ロック解除して上部から豆を入れる。

モーターは上部になるんですね。

あとはボタンを1回押すだけ。

押し続ける必要はなく、ワンプッシュであとは自動で挽いてくれて、豆が無くなると自動でOFFになる仕組みです。

ビター

2分弱で挽き終わりました

ひろ

電動のわりに遅い。モーター音が2分なり続けるっていうのは、ちょっと辛いかな

コーヒー粉チェックしていきます。

精度

あっいい感じですね。一般的な市販のコーヒー粉より、やや大きいかな。中挽きぐらいですかね。

カリタのミルで中挽き設定になっている「カリタ挽き」ぐらいかな。

微粉もるし、粒の大小もあるけど、まあこんなものかな。セラミックの臼式としては、平均的な精度でしょう。可もなく、不可もなく、問題ないレベルだと思います。

飲んでみた

ドリップで飲んでみましたが、うんおいしい。問題ないレベルですね。

お手入れ・そうじ

付属のブラシでシャシャッと微粉を落としましょう。

セラミックなので、よごれが気になったら、水洗いできます。

※本体モーター部分は水洗いNGです。まあこのパーツは汚れないので洗う必要ないすけど

そうじも特別めんどいってカンジじゃない。

充電が切れそうになったら青いランプが赤色に変わるので、コード差しとけよ。

挽き目チェック

他の挽き目もチェックしときましょう。

▼0.5周が中挽き「カリタ挽き」ぐらいです。

▼0.75周だと中粗挽きですね。

▼1周だと、荒挽き、ごくと言ってもいいかも。

0.25周刻みなのに、結構変わるね。

これね。歯のメモリとネジの間隔が違うんすよね。ここちょっと残念ですね。

ひろ

調整ネジのメモリがあるけど、メモリとクリック感があってないんですよね

ビター

コーヒーバカ、ごちゃごちゃうるせーな!

すいませんでした。細かくてすいません。つぎメリットデメリット挙げていきましょう。

メリットデメリット

デメリット先にいきます。

【デメリット】
・パーツが多い
粉が残りやすい
オートオフが微妙
電動なのに遅い
音がうるさい
挽き目調整が微妙
耐久性

レビューのときはだいたいデメリットは3つぐらいにおさめるんですが、おさまらんす。
おさめられんす。

パーツが多いはコーヒーミルは掃除が必なので、分解・組み立てが簡単なほうがいい。
で、コレは小さいパーツが多いぞ。

で、内部に粉が残りやすいんですよね。挽き終わって、掃除のため分解したら、パラパラって粉が結構出てくる。検証いあたわけじゃない感覚値的なところですが、コーヒーミル16台所有しているコーヒーバカが「多くね」って感じたよーってとこ。

あとオートオフが微妙です。まだ残ってんじゃんが多々あったり、同じ豆でも半分も終わってないのに止まったり、法則性がない。センサー的なのもないし、モーター側で軸の回転の変化でオフにしてるんでしょうが、精度は高くないので、ストレスにも感じるかも。

電動なのに遅いので、音がうるさいんすよ。
音量自体はまあ平均的なものなんですが、挽く時間が長いから
うるさい時間が長くなって、ストレスかな。

私がモーター音が苦手っていうのもあります。
100均の扇風機とかダメなんすよ。そういうタイプ。

新しい商品なので耐久性が未知数です。使用年数もどれぐらい持つかわかりません。
通常使用で1年保証はついてますが、

セラミック歯は刃が徐々にすり減ってきます。以前毎日使ってたセラミックミルだと2年ぐらいかなって感じです。

徐々になのでわかりづらいんですけど、新品と比べると、びっくりするぐらい違います。
もちろん精度が落ちるので、味も落ちるんすよ。
歯を変えて、びっくりするぐらい、おいしくなった経験があります。

使い続けられるけど、デコボコがなくなっていって、粉の精度が落ちて、味もぼんやりになっちゃうよ。しかも気づきにくいという。リスクですね。

部品購入もなさそうなので、使い捨てになっちゃうかな。

リチウムバッテリーのヘタリ具合もリスクとしてはあるかな。

【メリット】
・電動でラク
・コードレス
・価格

当たり前ですけど、電動がラクです。このミルの特徴は自動で止まるってところ、
電動ミルってONを押しっぱなしにして、自分で止めないといけないので、その間、拘束されちゃうんですよ。

これは押したら、あと、ほったらかしに出来るので、他の準備できるんすよね。
オフ機能の精度は微妙ですが、他のミルにはない特徴なのでここはポイントですね。

つぎにコードレスというのも、意外にいいんすよ。コードがあるだけで、かなり制限されてたなとわかりました。来客とか、アウトドアとか、場所とシーンを選ばないのはいいですね。

っていうのが、3000円未満ってすごくね?って感じ

まとめ感想

とにかく電動で安いのがいいならコレ1択

でも個人的には手動を使う。

ひろ

ちょっと個人的にはデメリットの方が大きかったかな~

電動のラク以上に、遅いうるさい等のストレスのほうが大きかった。って感じで、これなら個人的には手動を使う。

ビター

でも3000円台の電動ミルで、ついにエントリーモデルが出たっていうのはある

電動で安いのがいいっていうニーズが多いのは知ってます。だいたいみんなそう言います。聞いてきました。

なのでそういう方にはおすすめします。

あと、耐久性のリスクだけですね。2年もてば、コスパいいかな。とは思います。

やっぱ耐久性、使用年数も込みで、コスパなので、現時点で「コスパがいい」とまでは言えないすけど、ま、でもレビューとか、SNSとか、パトロールしたけど、「すぐ壊れた」等のネガコメ報告はなかったので、大丈夫じゃないでしょうか。

私はポイントがあったので、楽天で買って3980円でしたが、ショップレビューすれば2年まで保障を延長してくれるそうです。耐久性を気にするなら楽天で。とにかく安くゲットしたいならアマゾン2980円かな。

コーヒーミルのまとめ動画の評価に落とし込むと

精度:★★
構造:電動臼式のセラミック
使用感:挽く時間が長い
掃除:分解水洗いOK
価格: 2,980円
耐久性: ★★

3000円台のコーヒーミルであれば、やっぱ手動、で、次にこの電動臼、プロペラよりマシっていう位置づけ。

でも電動で機能とかも、もろもろ考慮すると、お値段以上デリモって感じ。

とにかく電動がいいなら最初の1台にアリです。

今日も寄っていただきありがとうございます。delimo コーヒーミル臼式電動コードレスでこの価格かよというお話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次