有名コーヒー店は本当においしいのか

また良からぬことを思いついてしまいました。自分で焼いて飲んでるだけで十分満足なんですが、一応いろんなコーヒー屋さんに行きます。でも記事にならないときがあってですね。そこで思いついたんです。ボツにならないちょっと危険な方法を。

ボツにする記事とは

まず、「これはおいしい」と思ったものは記事にします。そうじゃないときは記事にしません。基本的に批判、批評はしない主義ですから。じゃあ、ボツになっているのは、どういう時かというと、「普通だな」って時、まずくはないんすよ。どっちかというと、おいしいの方に入るんだけど、メチャうまいじゃないから、どう書いていいかわからないんですよ。コンビニコーヒーもこの部類に入ります。

飲み歩きはブレンドコーヒーを

コーヒーを飲み始めたときはブレンドっておいしさがよくわからなかった。一銘柄の単品(シングル)の方が特徴がはっきりしてて、おもしろかったんです。だけど、ブレンドのおいしさがわかったら、ブレンドって味を作り出せるから、お店の特徴が出せる商品なんです。特にお店の名前がついているブレンドってお店の顔なワケで「ウチはこれがコーヒーのおいしさやと思うてます」いう商品なんですわ。だから、お店でコーヒー飲む時はブレンドを飲むようになったんです。

勝手に道場やぶり

お店が全国にあるような有名店あるじゃないですか。こんなにいっぱい店があるってことは、おいしいに違いないわけです。ブレンドの研究をしているので、有名コーヒー店のブレンドコーヒーを飲んで、おいしかろうと、そうでなかろうと、記事にするんですよ。もうバッサバッサと切って行くんすよ。「オレのコーヒーの方がうまい」とか言っちゃうよ。勝手に道場やぶりみたいなカンジかな。全国チェーンの企業さんですから、自家焙煎やってる素人のコーヒーオタクがブログでなんか言うたところで、ビクともしないでしょ。ここは一つ胸を借りながら、修行させてもらおうというワケです。

初の試みなので、前おきが長くなってしまいましたが、明日は「コーヒーブロガーがコメダ珈琲に行ってきた」をお届けします。

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。