フレーバーコーヒー試すならドリップバッグがおすすめ

フレーバーコーヒーを飲んでみました。本で知ってから気になっていたものの、ブラック派のコーヒーマニアの私からしたら邪道感ハンパないので、スルーしていましたが、ついに飲むときが来ました!どんな味だったか、アリか?ナシか?

フレーバーコーヒーとは

コーヒー豆に香りづけしたものです。バニラ、キャラメル、チョコレートなど種類もたくさんあって、あくまで香り。味ではない。どうやって香りづけするかというと、焙煎のときにフレーバー液を噴霧するそうです。フレーバーコーヒーで有名なのは、ハワイ生まれのブランド「ライオンコーヒー」。赤のパッケージでライオンの絵で金属の洗濯バサミついてるの見かけたことないですかね?イオンのスーパーでも見かけたことがあるから入手はしやすいんですが、、、いきなりそんながっつりは要らないじゃないですか。

お試しにドリップバッグ

ブラックコーヒー派の私からしたら、そんな香りづけしたものなんて、抵抗感あるんですよ。これは合わないってなったら、残りどうする?って話ですよ。そんなに安くないから、ずっと後伸ばしにしてきたんです。それがたまたまライオンコーヒーのドリップバッグをみつけたので、バニラを買ってみました。お試しで1杯なら飲んでみたいですよね。だいぶハードルが下がりました。これは楽しみです。

おお、開封したら、バニラの香りがすごい。

フレーバーコーヒーの味と香りは

淹れました。さてお味はいかがでしょうか?

まず、コーヒー液から発せられる香りアロマは、バニラの香りです。豆に香りづけしてるのに抽出した液体からもこんなに香りがするのは不思議ですね。

いよいよ味の方ですが、ゴクっ。うん、これは味わったことがない感覚。口に含んで鼻から抜ける香りフレーバーがバニラだから、味もそんな感覚になっちゃう。もうちょっと、飲んでいきます。味に集中して分析すると、コーヒーの味自体は薄いな。ドリップバッグはコーヒー粉8gだから、ちょっとお湯が多かったかな。温度を下げながら飲んでいきましたが、低温になるほど、バニラ風味が強くなる。後味も悪くないですね。

フレーバーコーヒーまとめ

アリです。しかも結構好き!

邪道感ハンパないとか言ってすいませんでした。豆でがっつり買っちゃおうかな。これクセになりそう危険だなあ。しかもフレーバーの種類が色々あるから、ブログのネタに困った時はとりあえずコレ行っとけみたいなこともできるじゃん。やばい。めっちゃいいの見つけた。

今日も寄っていただきありがとうございます。ブログの記事のためにKALDIに写真撮りに行ってよかったよ。これは飲んでみる価値ありです。ぜひお試しください。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。