禁断のフレグランスコーヒー

コーヒー抽出の世界大会で優勝したコーヒー「ゲイシャ、シルビア」の味が再現できないかと、思っていて、思いついたのでやってみたいと思います。香りも味もとてもフルーティーでしたので、じゃあフルーツを入れてみたらどうなるんだろうと思ったわけです。

フルーツティーを入れてみる

Teatというフルーツティーを買ってきました。世界大会のプレゼンでもチャンピオン自身が言われていたように「ゲイシャ、シルビア」を飲んだ時「ストロベリー」を感じたので、ストロベリーティーにしました。

カップに最初にふたかけらぐらい入れて、そこにコーヒーを淹れていきます。やっぱ酸味系のコーヒーがいいかな。

飲んでみます。

!!! 香りはかなり近い!

ただ味は全然、違うね。ま、当たり前ですけど。酸味が出ますがちょっとマッチしてないなあ。酸味プラス酸味になっちゃったかな。

香りを楽しむ

コーヒーに砂糖を入れるように、乾燥フルーツを入れて香りづけする「フレグランスコーヒー」というのはどうでしょうか。味の面では深煎りのコーヒーの方が意外といいかもと思いました。

今日も寄っていただきありがとうございます。ブログランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 
にほんブログ村 ブログランキング

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。