ハワイコナ・エクストラファンシー100%

ハワイのコーヒーを飲んだことがありますか? お土産でもらった事があるという方も多いかもしれませんが、コーヒー好きの私からしたら、おいしかったためしがありません。もちろんお土産いただいたことはうれしいですよ。お気持ちはうれしい。でも、味はね…。

で、一昨年前、ハワイ旅行で現地に行ってわかったんです。ハワイ現地ではちゃんとしたコナコーヒーを飲めますが、お土産もので山積みで売っているコナブレンドのコーヒー粉はコナコーヒーがどれぐらいブレンドされているか、いつ焙煎されたのか、いつから山積みで置かれているのか、品質にちょっと….。

ということで、このブログの読者さんには100%コナコーヒーを飲んでいただきたい。しかもコナコーヒーのなかでも最高級品を。

そんなわけで、毎年恒例の「新年から原価割れ!新春赤字自家焙煎」は「ハワイコナ・エクストラファンシー100%」をお届けします。

ハワイコナ「エクストラファンシー」とは

ハワイ島南西部にあるコナ地区で栽培される豆のうち、ハワイ州の厳しい基準を満たすもののみがコナコーヒーとして認められます。

このコナコーヒーは、豆の大きさや色、香り、欠陥豆の割合など厳しい判定基準で5等級に分けられます。

コーヒー豆のサイズが一番大きく、欠陥豆の割合が一番少ない豆が、コナコーヒーの最高級品として「エクストラファンシー」になります。

コナコーヒーの生産量は世界のコーヒー全体の1%以下、エクストラファンシーはそのコナコーヒーの収穫量の15%程度。ということで、世界のコーヒーの0.0何%という非常に希少なコーヒー豆となります。

コナコーヒー生豆は

さすが「エクストラファンシー」だけあっ、て生豆の形状としては大きく、状態も非常にいいです。値段1ケタが違うと、やっぱ違いますね。

虫食いや欠けている欠点豆を取り除きます。焙煎後にあらわれる貝殻豆もハンドピックします。欠点豆じゃないけど、大きい、小さいの形が揃わないものをハンドピックし、自分で飲む試し焼きにします。

焙煎度は中煎りで

焼きすぎないように中煎りにしました。豆の形状がいいと焼きやすいですね。やさしい甘みのある香ばしさです。

ドリップしてみましょう

挽くと香りはちょっとスパイシーですね。悪い意味じゃなくて、いい香りの方でね。

中粗挽き10gでV60に85℃でお湯が溜まらないように5投して淹れてみました。では、飲んでみましょう。

ハワイコナの味は?

ひろ

柔らかい甘みと酸味がいいねえ

バランスで言うと、こんなかんじでしょうか。
酸味:★★★★☆
苦味:★★☆☆☆
甘み:★★★★☆
コク:★★☆☆☆
香り:★★★☆☆

正直、ハワイの現地で買ったホノルルコーヒーの「エクストラファンシー」のほうがおいしい。同じ等級のコーヒー豆ですが、これはしょうがないかなと。やっぱ現地のほうがいい豆使ってますわな。

ハワイお土産でもらうコナコーヒーブレンドよりか、はるかにうまい。今まで飲んだコナコーヒーのなかで2番目にうまし。

ということで、世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」今月の焙煎コーヒーは「 ハワイコナ・エクストラファンシー100%  」です。コーヒー豆120g1000円(送料込)ご注文後、焙煎して発送します。

ビター

数がないのでお早めに〜

今日も寄っていただきありがとうございます。2020年コーヒー焼きはじめ一発目なのでね。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。