究極のアイスコーヒーの作り方は氷を使った急冷式!

コーヒーを飲み始めて6年目。ずっとホット一筋でしたが、急にアイスコーヒーに目覚めました。実験と検証を繰り返して、だいたいやり方が定まってきたので、いい豆、いい水、いい氷を使って「究極のアイスコーヒー」を目指すことになりました。

道具と材料を準備

アイスコーヒーの道具と材料
●ドリップポット ●円錐型のドリッパーとペパーフィルター ●抽出したコーヒーを一旦入れる容器(ミルクピッチャーを使いました) ●飲む用のグラス ●スケール ●深煎りのコーヒー(1杯12g) ●氷(たくさん)

水は超軟水の「財宝水」を使います。コーヒーは軟水ほど、まろやかで甘みが増します。

やっと道具と材料が揃ったので、コーヒー豆12gを細挽きにします。コーヒー豆は自家焙煎の「インドネシア・バリ神山ハニー」の深煎りを使います。究極を目指すので、一番高価なヴィンテージコーヒーミルで挽きますか。

コーヒー抽出

30秒蒸らして、お湯を4投して80mlを抽出します。お湯を数回に分けて注ぐと、濃く抽出できます。

めんどくさいですがグラスは別々にします。実験と検証の結果、これだけで確実に味が違います。ピッチャーには氷を2個入れてます。グラスの氷はすぐ溶けるので山盛りにします。

ホットでも絶対うまいんだけど、ここで飲んだら記事にないのでここはガマンして、ミルクピッチャーに抽出したコーヒーを回して少しあら熱をとり、グラスに注ぎます。

注ぎ終わったら、縦にかき混ぜて冷やします。氷と液体の接触が多いほど、温度は下がるので、ポイントは縦かき混ぜです。くるくる回すと、氷とコーヒー液が一緒に回るので、接触が少ないんです。濃いコーヒーを急冷すると、雑味のないクリアな味になります。

できました! 

なんかもうすでにうまそうなんですが、飲んでみます。

!!!!!!!!!!!!!!

やばい、メチャメチャうまい!マジか?
スッキリしてる!嫌な味がない。クリアなうまさ。

豆を変えたら、おいしくなるっていうのはわかってたんですけど、ここまでとは! 軽くK点超えてきたなあ。「姉さん事件です」のレベルでうまいじゃん。ちゃんとコーヒーのうまさとお楽しみをアイスでも味わえるじゃん。無糖のブラックで全然おいしい。

ポイントまとめ

・濃く抽出して急冷する
・氷を入れたグラスに直に抽出しない
・縦にかき混ぜる

ホット一筋の5年間は一体なんやったんや。アイスコーヒーをちょっと下に見てた自分の愚かさですよ。ほんと人って愚かだよ。そういえば、「アイスコーヒーにしてみるか」と思ったきっかけって、先月の焙煎コーヒーのお客さんから「アイスでもおいしかった」ってラインでメッセージもらったからだ!!お客さんがこのおいしさに気づかせてくれたんだね。ありがとー。

究極のアイスコーヒープロジェクト始動

ということで、ちょっとコレはおもしろいので、夏休みの自由研究みたいなカンジで「究極のアイスコーヒーの作り方」なんつって、やばい楽しそう。淹れ方も引続き検証しますが、次はやっぱ豆の焙煎だね。あと市場調査、飲み歩きとかするよ。

これは簡単にできておいしいので、家コーヒーのデビューにいいかも。一緒においしいアイスコーヒーはじめませんか。

今日も寄っていただきありがとうございます。アイスコーヒーは急冷ですよ。

もう1記事いかがですか

アイスコーヒーの淹れ方と量(スタバ、UCC、KALDI)まとめ

2017.06.13

浅煎りのアイスコーヒーがおいしくなりました!

2017.07.13

ゲイシャのアイスコーヒーがプレミアムすぎる

2017.07.02

今まで飲んだなかで1番おいしいアイスコーヒー「TATSURO MIX」

2017.07.16

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


今月は流通が少ない「コロンビアのゲイシャ」の新豆です。