ココナッツレモネードのインフューズドコーヒー飲んでみた件

インフューズドコーヒーをご存じでしょうか。収穫したコーヒーの実の生豆の処理段階で、色んなものを配合した液に漬け込んで、風味付けをしたコーヒーになります。

今回レビューするインフューズドコーヒーをSOT COFFEE ROASTERさんよりご提供いただきました。ありがとうございます。

「COLMBIA MONTEBLANCO COCONUTS LEMONADE」ということで、ちょっと何言ってるかわからない。

ビター

は?ココナッツ?レモネード?の香りってこと?何それ?

とお思いでしょう。ミートゥーですが、

ひろ

結論:インフューズドコーヒーありです。夏に飲みやすい!

私はありです。おいしくいただきました。フレーバーコーヒーよりも好きです。

ただインフューズドコーヒー賛否両論あるのは存じております。

「邪道だ」「問題がある」みたいな、コーヒーガチ勢の本筋の人はここで離脱してください。その手のコメントも結構です。

「こんなコーヒーはじめて飲んだよ」っていう個人の感想をただ述べてるだけです。嫌いなら自分が飲まなきゃいいだけです。

「インフューズドコーヒーそんなのあるんだ!?」って異次元のコーヒー体験に興味のある方は少々おつきあいください。

目次

インフューズドコーヒー

「インフューズドコーヒー」は、生豆の精製処理の段階で、色んなものを配合した液に漬け込んで、風味付けをしたもので、この「COLMBIA MONTEBLANCO COCONUTS LEMONADE」はココナッツ・シトラスジュース・乾燥ミント・サトウキビ黒糖、微生物を配合して発酵して漬け込んだコーヒーらしいんですよ。

「は?そこまでやったら、もうコーヒーじゃねえよ」って思われる方もいるでしょう。

たしかにたしかに。人工的な割合が高いので、気持ちはわかります。

基本、私は雑食系コーヒーおじさんなので、楽しんでしまうタイプです。

「オラ、ワクワクすっぞ!」の人です。すいません。

ちゃんと最初から情報公開されていて知って飲む分にはOKです。

情報が不透明で実は漬け込みでしたっていう、ウソコーヒーは「ダメ絶対」ですけどね。

てな感じで「漬け込みコーヒー」は、知ってたものの、そんな積極的に買いにいってなかったので、初ですね。1度飲んでみたかったんですよね。

しかし、ココナッツとレモネードってすごいっすね。攻めますな。

豆チェック

開けてみましょう。

ひろ

あ、豆の段階で、かなり香りがする。レモンとハーブ系の香りですね

生豆の状態で漬け込んでいるので、焙煎度合によっても変わるんでしょうね。

もちろんこの香りを活かした焙煎でしょう。あんまり焼いちゃうと、香りも弱くなりそうですよね。

農園:モンテブランコ
標高:1730m
エリア : サンアドルフォ、ウイラ
生産者 : ロドリゴ・サンチェス・バレンシア氏
品種 : カトゥーラ
生産処理 : バイオリアクター発酵

小さな農園ですが、ゲイシャ、ブルボン、カツーラなどの様々な品種を栽培して、園内に自社ウォッシングステーション、パルピングのウェットミル、アフリカンベッドの乾燥設備に、嫌気発酵のタンクを持ってる。

普通のコーヒーではコンクールや品評会でも賞を受賞している。高品質なコーヒーを生産している農園みたいですね。

そんなロドリゴが何年にもわたって研究と試行錯誤を重ねてきた精選技術のうえ、生み出した製法なんだって。

漬け込み系のコーヒーって、商品によっては豆の品質をごまかすためにやってるのもあるんですけど、

これは、農園自体の豆の品質も高そうだし、ロドリゴのあくなき探求心で「漬け込んでみたら、激うまだった件」って感じでしょうか。「ココナッツ・レモネード爆誕」って感じでしょうか。いいですね。好きです好きです。こういう人。

飲んでみた

淹れていきましょう。同時にアイスも作っちゃおうかな。2つで淹れていきます。

じゃあ、まず蒸らしますね。この時点ではレモネードですね。

1投目もレモネードですね。

2投目、あ、ココナッツきた。たしかにたしかに。

3投目、もココナッツですね。おもろ、途中で香りが変わる。

湯の温度とか関係するのかな。レモンネードフレーバーが先に落ちて、あとからココナッツが追う。みたいな感じかな。

やっぱり、レモンじゃなくて、レモネードって感じなんですよね。

そもそも論。レモネードは、レモンの果汁に蜂蜜やシロップ、砂糖などで甘味をつけて冷水で割ったもの。だから、レモン単体のフレッシュさとは違う。レモンと甘い香りがミックスされたレモネードって感じ。

あと、ココナッツって香りはいいけど、味は微妙なんだよね。ハワイ行ったときココナッツウォーターとか結構飲んだけど、青臭さみたいな感じもあって、味としては、そんなおいしいってもんじゃないんだよね。

これはどういう味なんだろう?

できました。ではホット飲んでみましょう。

おう、レモネードだ。

インフューズドだと、味にも影響するみたいですね。

フレーバーコーヒーより、香りと味がマッチしてる。

味だけでいうと、酸味がある紅茶っぽい感じ、レモン弱めのレモンティーみたいな印象かな。

ココナッツがわからん。どこいった?

冷めるまで時間かけてのみましたが、カップでのココナッツはちょっと感じにくい。

かなり冷えてきたときに、液体から発する香りアロマで、ココナッツが一瞬ふわっと顔を出すぐらいですね。探しに探してって感じ。はちみつっぽい香りもありますし、後味の甘さもありますね。

じゃあ、アイスはどうでしょう。注いで、飲んでみましょう。

レモネードだ!

悪くないけど、ちょっと薄くなっちゃった。

このコーヒーで1:10だとちょっと薄いな。

アイスも悪くないけど、味と香りが感じにくくなるので、ちょっともったいない。

やっぱりホットでこの珍しい香りと味を楽しんだほうがいいかな。

まとめ感想

インフューズドコーヒーおもしろい

夏はこういったフレーバー系のコーヒーいいかも。

コーヒー好きとはいえ「こんなに暑いと…味的にちょっと…」って引いちゃうときもありますよね。ホットかどうかより、味的につらいわみたいな。

夏でも爽やかすっきりした後味でいいと思います。

この珍しい風味を楽しむならホットがおすすめ。

けっこークセになる。結構出番多いっすよ。この子。

やっぱり、コーヒーのいいところは、味もさることながら、これを作ったヤツはどういうヤツだろうとか、産地の話を一緒に味わうと、よかばーい。おもしろかよー。

コロンビアの山奥のコーヒー農園のロドリゴがココナッツとかミントとか漬け込んでるんですよ。そういうのを想像しながらですね。味わう。

なかやまきんに君が筋肉と対話するように、コーヒーとの対話ですよ。

ひろ

おい、ココナッツレモネード、ココナッツなのかい? レモネードなのかい? どっちなんだい!? レーモーネード!コーヒー!

ビター

ただのヤベーやつやん! 説得力がない!

あああ、提供商品でまたこんな茶番を入れてしまった。すいません。話戻して、

スペシャルティコーヒーのいいところって、味だけでなく、産地情報がはっきりしてるところ。トレーサビリティってやつですね。スペシャルティコーヒー専門店「SOT COFFEE ROASTER」さんは、こういう情報を出してくれてるので、思いをはせストーリーとして一緒に味わいましょう。ロドリゴおいしかったよ。

詳しくはこちらのリンクより

今日も寄っていただきありがとうございます。まさかのココナッツとレモネードフレーバーのコーヒーってお話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次