当ブログはアフィリエイト広告を含みます

神戸 LANDMADE COFFEEティーバッグ コーヒーセット

コーヒーのティーバッグがあるのをご存じでしょうか。

紅茶みたいに、カップに入れて、お湯注いで待つだけ。

ドリップよりも手軽で簡単なんですよ。

数年前に大手からも商品化されてたんですが、定着しなかったようです。

で、今回は「Zugkla(ズングラ)」さんからご提供いただきました。ありがとうございます。

ひろ

結論:おいしい!簡単!プレゼントにいい!

マグカップにお湯注ぐだけで簡単です。

ビター

自分用にはちょっと高いけど、珍しいのでプレゼントすると喜ばれそうって感じ

ギフト検討中の方は参考にしてください。

目次

LANDMADE COFFEE

焙煎店の情報をみときましょう。「LANDMADE COFFEE」さんは、神戸ポートアイランドの自家焙煎コーヒー店です。LANDMADEがご用意するコーヒーはすべて「スペシャルティコーヒー」です。

日本に3人しかいないACE主催の焙煎トレーニング経験者が焙煎しています。

フェアトレードに力を入れてあって、生産者ともつながって、提供されています。いいですね。

神戸の名店のおいしいコーヒーを総合ショッピングサイト「ズングラ」さんが取り扱ってるって感じですね。

365日/KOCHI(コチ)/いろどり/365日カフェインレス/GIFT
5種類×2 10袋で1800円(送料無料)

なので1杯180円ちょっとお高いので、自分用というより、贈り物用かなってところ。全部ブレンドみたいですね。

使い方

使い方はメッチャ簡単です。160㏄のお湯を注ぐだけ。蒸らしもいらないみたいですね。

20~30秒、上下に揺らしましょう。

時間が2~3分なので、3分でいきましょうか。

容量は1袋に8gのコーヒーの粉が入ってます。

できました!

ひろ

うん!にごりもなく、やさしい、甘みもあって、癒される

つけ置きタイプはドリップと違って、やわらかさがあるよね。マイルドでゆるふわですよ。

ドリップのキレキレの感じとは違う。

いいなあ。にごりもないですね。すごくいい。

けど、ちょっと薄い。もうちょっと、濃さ、濃度、欲しいですね。

で、実はこのコーヒーバッグは「ディップスタイル」とも言って、数年前、ネスレがワールドチャンピオン粕谷さんと商品化してました。今あるのかな?ないか。

粕谷哲さんの淹れ方が彼のお店でも商品化しているようで、HPに出てました。次はこれで飲んでみましょう。

世界チャンピオン粕谷推奨レシピ
こだわりの美味しいディップスタイルコーヒーの淹れ方
1.お湯を50g注ぐ
2.30秒待つ
3.お湯を130g注ぐ
4.10~20回上下に揺らす
5.3分待つ
6.バッグを取り出し完了
・オススメのお湯の温度:90℃ ゲイシャの場合:93℃~95℃
・上下に揺らす回数はお好みの濃さに合わせて適宜調整してください。

ひろ

商品のコーヒーの量がちがうので3番目はお湯の量を90gにして、トータルで140g注湯としました。

ビター

お湯の量を減らして、蒸らしを入れて、時間を長くしたってことね

うん、濃さはこれぐらいはあったほうがいいかな。蒸らしを入れて、時間を伸ばした分、濃度はでましたね。もっと濃くしたい場合は注ぐお湯の量を少なくですね。

カフェインレスで夜コーヒー

デカフェ、カフィンレスは、夜コーヒーにいいですね。

蒸らしなし160ml注いで、20~30秒揺らす、3分

飲んでみます。なるほど!ちゃんとコーヒーの味がありますね。

カフィンレスはカフェインを抜く処理を生豆でしているので、コクがなくなりがちだけど、この淹れ方なら、だいぶカバーしますね。

なるほど!カフィンレスはつけ置きの浸漬法がいいかも。

まとめ感想

コーヒーのティーバッグおいしい!

でも、1杯180円 安くはない。

ということでプレゼントにいかがでしょう。

ティーバッグタイプのコーヒーをまだ知らない方もいるでしょうし、漬け置きの浸漬式のコーヒーを味わったことがない方もいるでしょう。

コーヒー好きからの贈り物としていいなと思いました。

それでいて、お湯を入れるだけで誰でも飲めるし、コーヒーマニアも納得の味だし、やっぱ普通のドリップバッグじゃないってところがいいですよね。

ちょっと通な感じするじゃないですか、「へーこんげんとあるったい。珍しかね。ああ、あの人コーヒー好きやもんね」って思われて、コーヒー好きアピールもできるじゃないですか。

プレゼントは、相手が喜ぶというのはもちろんなんだけど、鏡なところもあるじゃない。自分を映す。自分の分身というか、自分を入れたいじゃないですか。

そこで喜んでもらえるとうれしいよね。

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーのティーバッグもうまいというお話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次