パーチメントコーヒーの味は?フルーツのようなって本当か検証

「マスカットや青リンゴの甘い酸味で新鮮なフルーツのようなコーヒーです。」出た!そんなコーヒーねえわ。と、つい最近まで私も思っていましたが、世界チャンピオンのゲイシャを飲んでから悔い改めまして、で、今回のこのコーヒーは何かというと「パーチメントコーヒー」です。

パーチメントコーヒーとは

コーヒーの実と種の間に殻(カラ)というか皮というか、覆っているものが「パーチメント」日本語で内果皮と言いますが、皮にしては硬くて殻にしては薄いので、例えづらいのですがピスタチオをイメージしてもらえばいいかな。収穫したコーヒーの実から種(豆)を取り出す精選方法がいろいろありまして、そのなかでパーチメントを残したまま乾燥して、出荷された豆になります。

パーチメントコーヒーの特徴

コーヒー豆の問題は生豆を、ブラジルとか遠いところから船便で運んでくるので、運送環境や時間の経過で水分が抜けたりして、豆の状態が変化しちゃうこと。で、パーチメントがついた状態だと、保存性に優れていて、グリーンの状態を保ってくれるんだそうです。

グリーンが濃いほどフレッシュ

開けると、たしかにグリーングリーンで、こんな状態の豆は初めてです。そして、このグリーンが濃いほど、フレッシュな味わいなんだそうです。

たしかに、いろんな豆を焼いてますが、新しい豆のほうが甘味があるように感じています。なので毎月のおすそわけ販売している自家焙煎コーヒーは基本的にニュークロップ(新豆)をお届けしています。

マスカットや青リンゴの甘い酸味で新鮮なフルーツのようなコーヒー

「マスカットや青リンゴの甘い酸味で新鮮なフルーツのようなコーヒーです。」出た!そんなコーヒーねえわ。と、つい最近まで私も思っていましたが、世界チャンピオンのゲイシャを飲んでから悔い改めまして、このパーチメントコーヒーを飲んでみようと思いました。

というわけで、今月の焙煎コーヒーは「パーチメントコーヒー」なんですが、問題はこれをどうやってむくかなんすよね。

パーチメント脱穀作戦

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF2948.jpg

パーチメントコーヒーで検索しながら、脱穀方法を考えてみました。

1.コーヒー豆専用脱穀機
コーヒー パーチメント 皮むき機 脱穀機 PC-1
2.プロペラ式コーヒーミル
Melittaセレクトグラインド MJ-518
3.瓶に入れて棒でつく
4.スリ鉢でごりごり
5.手でむく

AMAZONで専用の脱穀機を見つけましたが、32万円もしたので、まずはお金のかからない原始的な方法からやってみましょう。

手でむく

やっていくとだんだんコツをつかんで早くなりますが、仕事から帰ってやっていると肩が死ぬほどイタくなります。ここは人間の進化の課程で得た道具を使うべきだと、身を持ってわかりました。

スリ鉢でごりごり

柔らかい皮はとれますが、固いのは割れないし、はじいて飛んでいきます。

瓶に入れて棒でつく

少量を入れてついてみましたが、少量だからか豆が逃げて、皮が割れません。戦時中みたいに一升瓶に量を多めに入れてつくといいかもですが、酒はほとんど飲まないので一升瓶とかないしね。

ローラーでつぶす

手でむくかプロペラミルを買うしかないか、、、と落ち込んでいたところ妻から「袋に入れて上からパン生地こね棒で潰したら」と、

6.ローラーつぶし作戦が提案されました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF2951.jpg

多少皮は割れますが、皮と中身が分離されません。

作戦失敗

どれも「これでいこう!」という手ごたえがないまま、地味に手でむいていたら、子どもが嗅ぎつけて来て、スリ鉢で遊びはじめました。

部屋のアチコチに飛んでいく生豆、それを追っかける猫、はしゃぐ妻、ワルノリする子ども、泥沼化していく事態、、、

ここでリーダジップをとらなければ、家長としてのメンツが、、、世帯主としての権威が、、、なにかいい方法を早く提示しなければ、、、せまられる選択、極度のプレッシャーのなか、

「はっ!」

目に飛び込んできたのは、妻が持ってきたパンの棒、豆が入ったビニール袋。

「これだ!」

ビニール袋のまま棒でつく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF2963.jpg

ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、たしかな感触!
くだかれる皮、分離される中身、飛び出さない豆。

パーフェクト!

すべての問題を一度に解決する変革を人はイノベーションと呼ぶ。

「イノベーションを成功させるには、焦点を絞り単純なものにしなければならない。」(ピーター・ドラッカー『プロフェッショナルの条件』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF2958.jpg

アゴに手を当て成功者の余裕と貫禄をかもして「ほら棒と袋でいいんだよ。」

あれっ?誰もいねえし、、、

今日も寄っていただきありがとうございます。ゴリゴリ、ゴリゴリ、ゴリゴリ

ー」を飲むにはまだまだ先です。

後日、豆をむきむきしていると、なぜか息子さんが来てくれます。今日はおりこうちゃんに役にたってくれています。お父さんは涙が出そうです。出てませんが。家内制手工業みたいになってきました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_5275.jpg です

「すまん息子よ、この30万円のコーヒー豆脱殼機さえ買えれば、お前にこんな苦労を、、、」
「きっと、いつかこのブログで儲けるからな!秒速で稼ぐからな」

絶対無さそうな未来を妄想してしまいましたが、この豆をむくといった、収穫物を手で加工するみたいな行為は人間の本能とか古いDNAにがっちり組み込まれているのかもしれません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF2992.jpg

そんなこんなで、息子ちゃんの頑張りもあり、やっと全部むけました。

しかし、ここでもう一つの問題が発生しました。それが「シルバースキン」という薄皮です。

シルバースキン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF2993.jpg

一番左が茶色で硬いシルバースキン。真ん中が白くて薄いシルバースキン。右端がない状態。

これがなかなかとれないんすよ。爪でガリガリしても簡単に取れなくてね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF2994.jpg

野菜の皮むきスポンジを使ってみましたが、うまくとれない。削るようなカンジになって実も削っちゃう。焼けば剥がれていくはずなので、最初は低温で長めに焼いてみたいと思います。

パーチメントコーヒー焙煎

やっと試飲ができるところまで来ました。ざっとおさらいしますと、パーチメントという皮つきのコーヒーの生豆がありまして、皮つきなので通常の生豆よりもフレッシュでグリーンが濃いのが特徴です。

販売店のコメントには「マスカットや青リンゴの甘い酸味で新鮮なフルーツのようなコーヒー」とあり、

マジか!? 

ということで仕入れましたが、どうやって皮をとるか手さぐりで始まり、ひたすら脱穀の日々を経て、さらにシルバースキンをはがしながらのハンドピックを終え、試し焼きして、いよいよ試飲というところです。

これほど長い道のりになるとは…

挽きました。

蒸らします。むっこの香りは、、、、コーヒー抽出世界チャンピオンの抽出メソッドで淹れます。

では、飲んでみます。

!!!!!!!!!!

マスカット、青りんご、酸味、甘味、果実味、ゲイシャ、粉、香り、濃度、違い、アフターテイスト

頭に浮かんだ単語を羅列しました。どんな味かは、ご想像にお任せして、ぜひご自身でお確かめください。

今日も寄っていただきありがとうございます。できること、できないことあるよね。

every coffeeオンラインストア


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど