エルサルバドル「ピンクブルボン」ミカフェートのコーヒーハンターズ飲んでみた

ブルボンからの突然変異種でコーヒーの実がピンク色に熟すそうです収穫量が少ないために、商業的にほとんど栽培されていなかったそうです。

事前情報はこれぐらいにして、まずは飲んでみましょう。

割と焼いてますね。中煎りぐらいでしょうか。好きな色合いです。では、淹れてみます。

まずお湯を落とした時の香り「クラスト」ですが、いろんな香りがあって、これは表現難しい。今までで一番難しいかも。もちろんいい香りですが、時間の経過で香りがすごく変わる。甘酸っぱい香りなんだけど、なんだろうねえ。

できました。では一口飲んでみましょう。
!!!!!!!!!!!!!!
おお、いろんな味がある。風味が豊かで甘味が残る。
んんんんん〜。香りもそうだけど、味もいろんな要素がありすぎて、コロコロ変わるから、ちょっと今回ギブです。言葉で表現しきらんす。これじゃ食レポできないっすねー。プロの解説があるからこれを参考に「わかる、わからない」にしましょう。では、答え合わせ。
  • 香り:すみれ、ミルク、アプリコット、ミント、ピンクグレープフルーツ、ライム、カカオ
  • フレーバー:サクランボ、ハーブ、カカオ、青りんご、もも、ベリー、グレープフルーツ、ナッツ
  • 後味:黒ビール、ナッツ、チョコレート、グレープフルーツ
  • 酸味:ラズベリー、ジューシー、グレープフルーツ、しっかり
  • 飲み心地:甘みがしっかり

香り「すみれ」おもしろいっすね。ね、難しいでしょ。これぐらいよくわからない要素が多いんですよ。フレーバーの「カカオ」はわかるな。フルーティなだけじゃないから、その部分であるね。「ナッツ」と「黒ビール」がよくわからなかったかな。あとは言われたら「あーね」ってわかる。

コーヒーハンターズシリーズのテイストマップがありました。えーっと「ピンクブルボン」は?

複雑系って!一番複雑なのね。OKそういうことか。いや、店舗で飲んだ「アルト ルナ」とあまりにも味わいが違うから、淹れ方が悪かったのかと思った。「ピンクブルボン」は単純にこれ珍しそうって選んだだけなので、系統が全く違うのね。

今日も寄っていただきありがとうございます。おいしいけど、記事にするの難しい。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら