自宅での焙煎に必須アイテム!コーヒー豆の冷却にUSBファン

今月のコーヒーアイテムのレビューは「USBファン」です。どこがコーヒーアイテムやねんと思われるでしょうが、自家焙煎野郎には焙煎直後のコーヒー豆をいかに早く冷やすか、がキモなんですよ。焼いた後のコーヒー豆が熱いままだと、焙煎が進むんです。なので、うちわで必死にあおいだりして、なんやらかんやらを考慮して煎り止めを見極めたりするんですよ。ドライヤーを使っている方もいるでしょうが、手を放してできると、次の豆を焼けますよね。たまたま電池式の卓上ファン2,375円を見かけて購入しようとしてたんです。

800円のUSBファンみっけ!

800円のUSBファンを見つけました。しかも、なんかむき出しでかっこいい。これがいい。でも電源がUSBだけか… コンセントいるじゃん。ん、待てよ…検索すると…乾電池式のモバイルバッテリーなるモノを見つけました。

これ差し込み口がUSBなので、USBコードのやつは動くらしいんです。こんなのあるんだね。オジサン知りませんでした。しかも100均にありましたよ。よし、これで動くなら、ポチっとな。

ウェーイ。来ました。なんとも、ちゃっちいけど、いい! この飾り気のなさ。こういうの好き。で、電池で動くはずです。

なんか実験っぽくてテンション上がりますね。ドキドキ。ではケーブルをイン!!

ブウーーーーーン

キター。風キター。感じて〜風に〜なり〜たい〜♪
で、こんなカンジ。やばい完璧すぎる。パーフェクト俺様降臨みたいな。

あれっ?なんか風弱いぞ

持ち上げたら風、強くなった!そうか!反対の吸気側に空間がいるんか。じゃあこれでよかろう。

逆にすればいいんじゃね? 上から風作戦。おお出てる出てる。オッケー。実際、使ったところ、かなり良かったっす。もう、うちわとかやっとられん。人力あかんわ。全て機械化すべしだね。歯磨きしかりね。

今日も寄っていただきありがとうございます。電池式USB充電器これさえあれば何でも使えるじゃん。


今月の自家焙煎コーヒー

ブルーマウンテンを半分ブレンドした「JAMAICA MIX」販売中


ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら